• TOP
  • 看護師の介護求人について
  • 看護師の介護求人について
    ■年々、需要は増えてきていると思います■
    ケアワーカーという資格、ご存知でしょうか。社会福祉士及び介護士福祉法に基づき定められた、介護
    福祉分野における唯一の国家資格です。介護に興味を持っているという看護師のひとには、必ず必要な
    資格となります。

    日本という国が、高齢化社会を迎えていくにつれて、身体的・精神的に障害のあるは増えていくと思い
    ます。というよりも、若い時に働きづめであった人が多いので、どうもその時の疲れがでるのか、他の
    国と比較して、介護が必要な人が多いような気がするのですよね。そのため、食事・入浴・排泄などの
    生活全般にわたって介護やフォローをし、自立を助けるという介護福祉士の必要性は年々増加してくる
    と思うのです。

    ですが、まだまだ人材不足なのですよね。ケアワーカーの資格を取得するには、2年以上の養成施設を
    卒業するか国家試験を受験して合格することです。ただ、試験資格として、介護職員として介護などの
    業務に3年以上従事するなどがあげられますので、まったくの素人がいきなり試験を受けて合格という
    事にはなりませんので。やはり、かなり実践的な現場の仕事をするための資格になりますので、現場の
    経験は必須ですよね。

    個人的には、ケアワーカーになりたい人は増えると思います。介護が必要な人がまちがいなく増える
    からです。その点、もしかすると、質の低いケアワーカーが生まれてくるかもしれません。その対策を
    考えていく必要があると思います。

     

    ■有力な転職先だと思います■
    看護師から転職したいと思っている人、そんな人におすすめなのが、「作業療法士」です。名前だけを
    聞いた限りでは、どんな資格なのか想像もつかないですよね。非常に簡単にいえば、リハビリを担当
    する人です。

    リハビリというと、身体の機能を回復させることを思いつきますけど、実は、心のリハビリも凄く
    大切なのです。というのも、それまで自分の思い通りに動いてた体の機能がおぼつかないというのは、
    意外と心にこたえるものなんですよ。その一度くさってしまった心を取り戻す作業が最も大事です。
    この作業は、とても根気がいるものなので、患者を通じて、いろいろな経験をしている看護師がぴったり
    なのですよね。

    患者とその家族とコミュニケーションを取ることが、信頼関係を築いていくポイントになりますので、
    コミュニケーション能力を磨くことも怠ることはできません。また、病院の中のいろいろな人と連携
    していく必要があります。なので、看護師時代の経験が生きてくると思いますよ。

    作業療法士になるには、年1回実施される「作業療法士国家試験」を受験し、合格すればOKです。
    年一回ですからね。ここで落ちてしまうと、チャンスが来年にまでまたがってしまいます。なので、
    気合で一発合格でしょう。または、リハビリ施設に勤めながら、その機会をうかがうのもいいですね。
    資格の取得には、実技試験が含まれますので。それは、独学ではなかなか習得することが出来ませんので。

     

    ■とても魅力がある職業です■
    社会福祉士とは、いろいろな理由で、生活が困難になってしまった人々を援助するという仕事です。
    看護師というよりかは、「生活のコーディネーター」としての役割といったほうがいいかもしれ
    ませんね。こうしてみると、いかにも民間のサービスなのではないかと思いますけどね。実は、国家
    資格です。確かに、資格がなくても社会福祉士として働くことは可能なのですが、非常に単純に、
    資格をもっているほうが、転職できる可能性は高いのです。端的にいえば、国家資格取得の威力は絶大です。

    ただ、国家試験を受けるには、4年制大学を卒業していることが条件になります。こういう状況をふまえて
    はっきりとして起きたいのは、「ほぼ公務員」であるという事です。受験者は、10年位前から踏まえると、
    2倍以上に膨れ上がっています。合格率は、約30%前後といったところですか。これは、国家資格としては
    割と高い合格率であるといえますよね。

    社会福祉士に求められる能力としては、高齢者、障害者、子どもなど、問題を抱える人々の問題解決に
    向けて様々な支援を行う必要があるので、非常に多様な能力を要求されます。それは、一人の人間の行動を
    理解する知識が必要という事です。医学、心理学、社会学などです。このうち、医学に通じる能力を
    有している看護師の存在が注目されているわけです。また、看護師の多くは、4年生の大学などを卒業
    しているケースも多いので。自然と、受験資格を備えているケースが多いのです。

    最大の魅力は、患者と相当深いレベルでのコミニュケーションを築く事が出来るという事ですね。まるで
    家族かのように親しげに接する事ができます。そこには、病気を完治させるという概念はあまりありません
    ので、落ち着いて仕事をする事が出来るのです。

    看護師求人募集 福島

     

    ■スペシャリストになりたい人におすすめ■
    現在、注目を浴びているのが「認知症」です。日本という国事態が、高齢化社会を迎えている中で、
    どうしても増えてきてしまう病気になると思います。それも厄介なことに、どのような理由で、認知症
    になってしまうのか。その原因がはっきりしていません。仮に、それを分かることが出来るのならば、
    医学の世界では、革命的なことでしょう。

    原因が何かわからないという事は、明確な治療法がないことを意味します。そこで、重要になって
    くるのが、認知症ケア専門士ですね。認知症ケア専門士とは、認知症ケアに関する施設、団体、機関
    等において3年以上の認知症ケアの実務経験を有する人でないと、受験資格すらないという極めて
    プロになりたい人のための資格だと思います。

    認知症というと、年配の人の病気というイメージがあります。ですが、近年では、若年認知症になる
    人も増えてきているといいます。その点、認知症ケア専門士の役割は、かなり重要になってきていると
    思います。認知症ケア専門士になるためには、筆記による試験だけではなくて、論文、面接試験も
    あるのです。このあたりが、他の試験とは大きく違うと思います。ただ、知識だけがあればいいわけ
    ではなく、豊富な経験に裏打ちされた、「介護のプロ」としての意識が大事になってくるという事
    です。

    看護師として、認知症の人を担当したことのある人は、何かしら感じるものがあると思います。
    それを発展させる形で、認知症ケア専門士を目指す人が増えているという事だと思います。

    静岡看護師の求人

     

    Page top

    ディップはたらこねっと