• TOP
  • 看護師再就職 ブランクがある人の場合
  • 看護師再就職 ブランクがある人の場合
    ■自分の希望をきっちりと伝える■
    ブランクがあって、看護師の経験があるのだけれども再就職出来ないのではないかと考えている人は多い
    と思います。とはいえ、誰でも復帰できるわけではありません。そこで、復帰のポイントについて考えて
    見る事にしましょう。

    まず、どうしてブランクを気にしてしまうのかという事があります。その理由の一つに、以前のように
    一人前の看護師として働けるのかというのあると思います。また、長年病棟で働いていないと、病院内で
    良好な人間関係を築けるかも心配ですよね。医療業界の進歩に看護師としてついていけるのかも不安で
    す。

    というわけで、ポイントとなるのは、自分の希望する勤務形態や雇用形態、職務内容を明確にすると言
    う事になると思います。その時点で、ブランクがあって、この部分が不安であるなどという事もきちん
    と伝えるようにしてください。また、当然の事ですが、労働条件が自分に合ったものでなければ話にな
    りません。

    例えば、夜勤や交代勤務はあるのか、雇用形態はどんなものがいいのか、勤務したいのはどんな場所な
    のかなど自分がどうしたいのかを整理しておく事が大事になってきます。これがきっちりと合致してい
    ないと、意味がありません。間違いなく、すぐに退職する事になると思います。そうなると、またブラ
    ンクを気にする事になります。

    なので、この作業が職場復帰への足掛かりとなりますので。まずは、自分が今後どうなりたいかを棚卸
    する事が大事になってくると思います。

     

    ■実は、支持されています■
    一度退職してしまったけれども、看護師の資格を持っていて、いつでも復職する事が出来る「潜在看護
    師」という存在は、とても支持されているのです。重宝がられているのです。それには、日本社会が
    抱える問題があると思いますけどね。

    日本は、先進国としては、異例ともいうべき高齢化社会を迎えます。本格的な高齢化社会を迎えるに
    あたって、病院を訪れる人は増えていく事が予想されます。そこで、現在でも全国的に不足している
    医師、看護師が不足している状態がさらに深刻な状態になるのではないかと思われているわけです。
    そのため、医療機関では少しでも医師や看護師の人員を確保しようと努力していています。とはいえ、
    だれでも病棟に勤務できるわけではありません。そこでセミナーを開催するなどして看護師経験のある
    方の再就職をサポートする動きが広がってきているのです。

    とはいえ、看護師の仕事内容はとても多忙です。また、わずかなミスでも命を落とす事がありますので、
    複雑なんですよね。実は、最近看護師免許を取得して病棟に勤務しても、すぐに退職してしまう看護師が
    増えているのだそうです。病棟も、いろいろと考えていて、研修などをしているのだそうですけど、
    なかなか新人の看護師が、定着する事はないのだそうです。教育体制などを整えてみても、なかなか
    看護師が育てないで苦労しているそうです。

    というわけで、一度ブランクがある看護師でも、各病棟は積極的に求人を行っているわけですね。なの
    で、恐れる事はないと思います。

     

    ■実践してくれる機関は少ないですが■
    看護師が再就職する時に、一番の悩みはブランクという人がとても多いと聞きます。仮に、再就職を
    しようと思って、求人サイトで看護師の求人、募集を探していてもつい応募ボタンを押す前にブランク
    が気になってしまう。そんな人が多いのです。

    長期間、看護師の仕事から離れていた方が再就職について考える時に、最も気がかりなのはブランクが
    ある事なのです。実際、これだけの不景気が続いているので、再就職をする際にブランクがあるとなか
    なか難しいのではないかと復帰をためらう方も多いと思います。とはいえ、最近ではそんな方をサポート
    するためのセミナーというのもあるのです。

    実は、日本全国には看護師の資格を持っているにもかかわらず、様々な理由で仕事をしていない所謂
    潜在看護師と呼ばれる方が数多くいるんです。この状況って、異常というか、ちょっとおかしい感じ
    がします。だって、慢性的な看護師不足が深刻な問題となっているわけです。そんな中で、看護師にな
    れる人がなっいていないわけですので。

    このような潜在看護師の方たちに少しでも医療の現場に復帰してもらおうという動きが広まっています。
    そのためブランクのある方がもう一度勉強することができるように、定期的にセミナーを開催している
    ところが増えてきました。これは、看護師として復帰したいと思っている方を再就職させることを目的と
    しているのです。まだ、数は多くはないですけど、この動きはどんどん増えてくると思います。

     

    ■離職率は、とても高いです■
    看護師という職業は、一般的な職業と比較すると、退職率や離職率がとても高いです。その理由は
    いろいろあります。一時的に看護師としての仕事を離れるだけではなく、一旦仕事をやめた人でも
    その後、看護師として再就職したいと考える人はいます。また、女性の看護師さんの場合は、出産
    して子育てを機に退職または離職される方も多いですから。主婦の場合は夫の転勤のため退職を余儀
    なくされることも多々あります。

    就職活動をされる方、潜在看護師と言われる方も多くいらっしゃいます。

    そしていざ再就職を考えた時に、ブランクが空いたことが心配になってしまう人もいます。これは、
    しょうがない事です。どうしても、今一歩、再就職に踏み切れないという方も多いと思います。ブランク
    の長さというのは、ひとそれぞれ異なりますけど、10年くらいブランクがあっても、簡単に克服する人も
    いますけど、数ヶ月のブランクでもうまく復帰できない人もいます。その差というのはなんなのでしょう
    かね。非常に不思議な感じがします。

    看護師の仕事と言うのは、命に関わる仕事なのでどうしても簡単に復帰できるものではないと思います。
    そこで大事になってくるのは勇気かもしれないですね。病棟側だって、ブランクがある人にいきなり
    重大な役割なんて任せないですからね。リラックスして臨むべきですね。実際、例えばブランクがあって
    も、転職は出来ますので。そこの心配は要りませんよね。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと