• TOP
  • 社会人から看護師
  • なんといっても実践です
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    社会人から看護師

    なんといっても実践です

    ■いろいろと検討は必要ですが■
    社会人から、看護師になる為の、一番のハードルって看護系の学校に進学する事の難しさだと思うの
    ですよね。その中で、注目されてくるのが専門学校です。これは、イメージでもなんでもなく、看護系
    の大学と比較すると、圧倒的に進学しやすいと言えます。

    また、看護系の専門学校というのは、実習がとても多い事で知られています。通う期間は3年で、約
    3000時間の学習時間が組まれています。「専門」学校ですので、現場に出てすぐにスペシャリストとして
    活躍できるように、カリキュラムの3分の1が、実習にあてられているのです。3分の1となると、1000時間
    ですからね。1日8時間としても、120日程度。4か月分もあるのです。そういう側面から、専門学校の卒業
    生は、即戦力として現場からも期待されるのです。

    ちなみに、99%の人が、医療現場に就職すると言われる専門学校です。仮に、学校の設置団体が、病院を
    運営している場合はその病院に就職する場合がとても多いです。これは、看護系の学校の特色のひとつと
    言えなくもないですね。付属病院でない場合は求人票で探して受験します。

    専門学校もたくさんありますので、その学校の特色にあわせて進学する事がとても大事になってくると
    思います。専門学校では、いずれも分野にも共通する看護の基礎を学習しますけど、設置団体の運営する
    病院があれば、その病院がどのような医療を行っているのか、その医療は、自分の目指す医療のイメージ
    と近いかどうかで判断するのも良いと思います。

    ディップはたらこねっと