• TOP
  • 看護師再就職 転職成功事例
  • 看護師再就職 転職成功事例
    ■無茶をしているわけではないのです■
    看護師さんの中には、子育てをしながら第一線で活躍している人がたくさんいます。まぁその裏では、家族の
    理解があるのでしょうが、それでも、仕事、家事、子育てをきっちりと実践している人が多いのだと思います。とはいえ、子供の将来を考えると。。。と言う人もいます。それには、いくつかの理由があるんです。

    まずは、学費を稼ぐ必要があるという事なんです。子供さんに十分な教育をうけさせようとすると、かなりの
    金額が必要になってくるのです。そこで、掛け持ちができる仕事を探すと言う人もいます。そういう人が最も
    重要視しているのが夜勤ですね。というのも、夜勤は効率よく稼ぐ事が出来るからなんです。正直、世の中に
    ある全てのアルバイトの中でも、最もまっとうに高額を稼ぎ出す事が出来るアルバイトだと思います。その
    額は、一律とはいえないのですが、1日2万円は稼ぎ出す事が出来ると思います。これ、かなりの額です。週
    1日の勤務でも、8万円を稼ぎ出す事が出来るのですよ。

    まぁ、医療系の仕事の夜勤は、ありえない金額です。たとえば、研修医の人が行っている夜勤のアルバイトに
    ついては、1日10万円を越えるケースもあるのだそうです。それで、研修医時代の少ない給料を乗り切っているわけですね。

    また、極端な人になると、お子さんがある程度大きくなったという事で、夜勤専従を希望する人もいるのだ
    そうですよ。体は大変なんですけど、そのほうがお金が稼げるのかもしれないと考えているのですね。

     

    ■年収ダウンでもOKの姿勢■
    看護師の中には、現在看護師として勤務しているけれども、病院内だけではなく、さまざまな職種の人と
    関わりたいと考えている人も多く、一般企業への転職を希望している人も多いです。ただ、仮に、20代でも、未経験で一般企業に転職することはとても難関ですよね。なので、30代でのキャリアチェンジは、さらに
    ハードルが上がってしまうのです。なので、キャリアチェンジをしたい人は、なるべく早めが良いと思い
    ますね。

    病棟など以外で人気があるのは、「治験業」「医療機器メーカー」ですね。看護師しかした事のない人に
    とっては、未知の世界になると思いますけど、未来を作るという仕事にひかれる人が多いそうです。確かに、
    病棟は、今の患者を治すことが主な仕事になりますので。

    転職活動において大事になってくるのは、その業界の市場をきちんと把握している事ですね。なので、
    積極的にセミナーに参加するなど、希望業界への知識を深める事を行うのもおすすめですね。。その上で、
    看護師の資格を活かせるさまざまな職種に応募していくわけです。

    医療業界は転職しやすい業界ですけど、それでも厳しいのは覚悟しておいてください。あくまでも参考値で
    すけど、15社に応募して、書類審査に通るのが5社くらいのもんです。これまで、転職活動を行ってこなか
    った人は、こんなに確率が低いのかって思いますけど、それでも高いほうですよ。訳3割ですからね。一般
    の企業であれば、10%位かもしれないですね。

     

    看護師さんの仲には、完治ではなく現状維持を目的としている病院もあるんです。というわけで、看護師が
    患者さんに対してほとんど治療、処置をすることがない状態の施設もあるんです。こういう病院も必要なの
    かもしれないのですけど、車椅子を使っていた人が、自分の足で帰っていくような光景を見たことがないな
    んて事もあるのです。そうなると、自分は看護師らしくないと考えて転職を決意した人がいます。

    ただ、看護師さんの中には、勤務体系に不満を持っていても、どこの病院も一緒なんじゃないのかって悲観
    的になってしまっている人もいます。とはいえ、どんな看護師でも、自分はこうありたいっていう風に考え
    ているものなんです。そこで、きちんとニーズを絞り込んでおくと、納得の出来る転職活動を行う事が出来る
    のだと思います。

    例えば、急性期病院での経験がまったくない人は、転職活動はとても不利な状況になると思います。それは
    転職活動を行う本人も分かっている事なんです。とはいえ、そこが転職活動においてプラスに働くケースも
    あるのですよ。実際、看護師として勤務して3年くらいたつと、自分は何でもできるみたいな感じで、おご
    ってしまう事もあるのですけど、そこで、一から学びたいという気持ちも必要かもしれないですね。そうす
    ると、仮にキャリアがなくても、以外に転職活動はうまく言ってしまうものなんです。苦労しない事が多い
    看護師の転職ですけど、それが未経験でも起きてしまうのがすごいところです。

     

    看護師の世界に限らず、医療機関ってとても狭い世の中です。業界自体は日進月歩で技術を競っているの
    ですけど、閉鎖的な部分がとても大きいのですね。それが証拠に、他の業界と比較すると、極端に新規参入
    の病院って少なくないですか??完全に固定化されてしまっている印象です。

    そんな世界業界ですので、地元で10年も働くと、やはり色々な噂を耳にするものなんです。とはいえ、転職
    を考えた時、そんな事ばかりを気にしていられないですよね。地元にある全ての病院に、悪いうわさがあった
    時は、どうしましょう??

    そういう時は、第3者に聞いてみると良いと思います。例えば、転職支援サービスを利用してみたりするのも
    良いと思いますよ。プロのキャリアコンサル短とが、きっちりと病院を検証して問題ないです。経歴にあっ
    た病院はここですよとなったときに、その悪い噂のある病院だった場合は、思い切って勤務してみてもいい
    のではないですかね。随分と簡単に言うと思わないでください。実際、そういうものなのです。

    実際行ってみると、人間関係が悪いという噂とは全く違っており、看護師長もとても良い方であるという事が
    多いですね。これは、病院の噂だけではありませんけどね。人の噂だってそうですよね。性格が悪いなんて噂
    だったのに、いざあってみるといい人だったなんて事は日常茶飯事ですからね。前評判の噂なんて気にしないで、思いきって判断すれば良いと思いますよ。

     

    看護師さんの仕事というのは、とてもハード日々を送っている事が多いですよね。とはいえ、看護師さんだ
    って、一人の社会人である事には変わりはないですよね。そこで、家庭と仕事の両立を目指している人も
    たくさんいるのです。この傾向は、今後さらに増してくると思います。一昔前みたいに、とにかく働けみた
    異な風潮は無くなってくると思います。その分、夜勤専門の人なんかもいるのですよ。

    つまり、転職の条件は「日勤・制度の充実が絶対条件」となってくるのです。

    こういう事が起きるのは、結婚を機にですとかが多いのです。だからこそ、日勤で働けること、産休・育休
    制度が整っている事が大事になってくるのです。こういう人が転職する人のポイントとして、絶対条件を決
    めていた事、面接する時に、積極的に質問をする姿勢を見せるがとても大事になってきますね。なんといって
    も夜勤が発生するかもしれない病院で、夜勤をしたくないというわけですからね。こういう姿勢で転職活動
    に望んでいくと、自身で応募していた病院からいち早く内定を決める事が出来るのです。

    ところが、応募時に病院間でのコミュニケーションが足りていなかったこともあり、内定時に提示された
    条件は夜勤ありなんて事もあります。こういうケースの場合は、再チェレンジをしてみるといいです。その
    人が問題ない人であったら、内定を貰う事は出来ると思いますけどね。なので、あせる事はないと思います
    けどね。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと