• TOP
  • 職務経歴書の書き方
  • ブランクがある人の職務経歴書
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    職務経歴書の書き方

    ブランクがある人の職務経歴書

    ■言い方一つです■
    経歴にブランクがある人というのが多いのが医療系の職場の特徴です。特に、看護師の人などはそうです
    よね。一般的に、女性が多い職種になるので、出産、育児などの理由で長期間仕事をしていない人が
    いるからなんです。

    これはどうしようもない事なんですが、経歴に長期のブランクがあると、マイナスに見られる事が多い
    わけなんです。ここでいう長期のブランクというのは1年以上を設定していますけど、出産、育児休暇
    をとるとなると、1年なんて簡単に経過してしまいますからね。それに、実際は3ヶ月、半年でも若干
    引っ掛かったような態度をされる場合もあります。そこで、ポイントなのが「一身上の理由」で片付ける
    のではなくて、なるべくポジティブな表現をするようにするという事になります。

    本当は育児をしていただけだとしても、次の仕事に向けての休養と表現するだけでいくらかマイナス
    イメージを払拭する事も可能になります。また、資格取得のための勉強期間、病気療養(現在は完治)
    などと記載する事も大事です。資格取得のための勉強期間というのであれば、本当に資格を取得して
    おかないといけないですけどね。

    この辺りが、書き手のテクニックになります。書き方一つで読み手の印象も大きく変わりますので。
    なるべくポジティブな表現で記載するようにしてください。また、ブランクがある事に対して、自身が
    あるかどうかも聞かれると思いますが、そこは正直に徐々に慣れていくという事を伝えてもいいかも
    しれないですね。
    ディップはたらこねっと