• TOP
  • 理学療法士
  • 完治に向けての取り組みです
  • 理学療法士

    完治に向けての取り組みです

    ■とても大事な作業です■
    病気やケガが原因で身体に障害が生じた人の、身体機能の回復をサポートするリハビリテーション
    の専門職が、理学療法士です。この役割といえば、昔は接骨院だったように思うのですが、最近では
    病院でも、積極的にリハビリを行う施設が出てきています。中規模の総合病院でも、わりと充実した
    リハビリテーション施設があったりしますからね。また、整形外科関連だけではなく、いろいろな
    病気で歩行訓練的なリハビリは行われています。

    その理学療法士ですが、立ったり座ったり歩いたりという基本的な生活動作の訓練から、体力や筋力
    回復のための運動療法、また、温熱や光線など各種の器具を用いておこなう物理療法などの治療を、
    担当医の指示のもとにおこなうわけですね。患者さんの中には、こんな簡単な作業であれば出来るだろう
    という意識がある人がいて、思うようにならない自分に対していらだったりもする人がいますので、
    コミニュケーションの力も必要かもしれないですね。リハビリとは、完治に向けて絶対に必要な工程に
    なりますので、その需要は今後増していくと思いますね。結構力がいる作業もありますので、男性が
    活躍しやすいポジションであるといえます。

    実は、理学療法士の仕事はリハビリだけではなくて、日常生活を過ごしやすくするための福祉用具の
    選定、住宅のリフォームについての相談援助も行うのだそうですよ。その人の生活スタイルを変更する
    為の作業になるわけで、かなり責任は重たいでしょう。
    ディップはたらこねっと