• TOP
  • ホームヘルパー
  • 今後、需要は増えてくる可能性があります
  • ホームヘルパー

    今後、需要は増えてくる可能性があります

    ■厳しい仕事ですが■
    ホームヘルパーの仕事は、大きくわけて2つあります。「滞在型」と「24時間巡回型」です。滞在型は、
    利用者の家に一定時間滞在して身の回りの世話をするというものです。24時間巡回型とは、実働8時間
    を基本として、1軒30分以内で10数軒の利用者を次々と回り、おむつ交換や安否確認などを行う
    サービスです。近年は、滞在型の方が求人が多いようですね。

    ヘルパーの日ごととしては、滞在型でも24時間巡回型でも同じです。ヘルパーさんに求められるものは
    細やかな心ですね。例えば、訪問型のヘルパーさんの場合は、賞味期限が切れた食材を利用者の為に
    捨てたら、「人の家のものををどんどん捨てて無駄にする」なんてクレームになったりする事もある
    みたいなんです。自分としては役に立とうとしたとしても、相手がどう思うかが大切であるという事
    になります。そういうトラブルにならない為には、利用者との信頼関係を築くことも大切ですが、
    自分の判断で何かを行うときは、利用者にきちんと説明するという事も必要になってくるのだと思い
    ますけどね。

    ヘルパーさんは、誰でもできるわけではなく資格がいります。また、今後日本は世界でも有数の高齢化
    社会になりますので、ヘルパーさんが活躍する場というのはどんどん増えてくると思います。今後は、
    どんどん注目される職業になるのではないかと思います。なりたいと思う人もどんどん増えてくるので
    はないでしょうかね。
    ディップはたらこねっと