• TOP
  • 薬剤師として働く
  • 一番一般的な形です
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    薬剤師として働く

    一番一般的な形です

    ■みんなのイメージどおりです■
    薬剤師のイメージとして最も一般的な形となるのが、病院に勤務する薬剤師だと思います。いて当たり前
    の存在でもありますし。ですが、病院に勤務している薬剤師さんって何をしていると思いますか??

    仕事は、大きく分けて、本来の調剤と服薬指導に分かれます。

    調剤の仕事というと、られているお薬を処方箋どおり調剤して、患者さんに渡すだけと思っていません??
    それだけではありません。これは、病院で働いている特有なんですが、注射剤の調剤をして、病棟に届
    ける業務があるのだそうです。例えば、生理食塩水と注射剤を、医師の処方どおりに揃えないといけま
    せん。怖い話ですが、間違えてしまうと間違いなく医療事故につながるので注意が必要です。透析のある
    病院の場合は、透析用の薬剤を作るなどいろいろな仕事があるのですよね。

    服毒指導ですが、こちらはなじみがないかもしれません。というか、入院したことのない人は分からない
    ですよね。入院患者に対して、病棟に出向いていき、飲み方を薬を渡しながら説明するというものです。
    よくあるのが、退院する時に薬を説明するというものです。指示通り飲んでもらわないと、予後がよくあり
    ませんからね。実は、これは薬剤師さんが狭い部屋にこもってストレスを抱えないようにするための処置って
    聞いたこともありますよ。それくらい気を使わないと逃げ出したくなるのかもしれません。

    事実、病院も薬局と同様、入れ替わりが非常に激しいようですからね。
    ディップはたらこねっと