• TOP
  • 薬剤師として働く
  • 近年、急速に増えています
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    薬剤師として働く

    近年、急速に増えています

    ■良く見かけますよね■
    最近、薬剤師の転職先として注目をあびているのがドラックストアです。ここ数年、かなりの田舎でも
    ドラッグストアが増えてきています。その元祖はアメリカみたいですね。アメリカの郊外スタイルを
    真似ているみたいです。そういうドラックストアで、白衣を着ている人がいますよね。あの人たちが
    薬剤師です。普通にレジ売ったりしていますけど、薬剤師なんです。

    実際、薬剤師としての業務+店員としての業務もたくさんやらないといけません。病院や調剤薬局で、
    事務員さんに何でもやってもらうのとはわけがちがうわけです。こっちは資格までとっているんだから
    なんて無駄なプライドはやめましょう。むしろ、狭い調剤室にこもっているだけとか、薬の受け渡しを
    するだけの業務よりも楽しいと思ってくださいね。実際、若い人にはそういう人が多いみたいですね。
    お客さんや、同僚、出入りの業者さんとの交流が半端でないですから。それに、店の開店している時間
    以外は働く必要がないですしね。感覚としては、スーパーの従業員ですよ。新鮮であることこの上ない
    ですから。また、業界の最新情報なんかも仕入れ業者さんから聞きだす事が出来ます。これもお店な
    らではですよ。

    それに、お客さんとは、忙しいときでない限り、薬を渡しながらの世話話もたくさん出来ます。どこか
    冷たい印象のある病院勤務よりかは、遥かに人間らしい業務を行う事ができますので。そこに楽しみを
    見出す事ができれば、ずっと続ける事が出来ると思います。
    ディップはたらこねっと