• TOP
  • 薬剤師として働く
  • 空気を読みましょう
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    薬剤師として働く

    空気を読みましょう

    ■薬剤師に向いていません■
    薬剤師になりたいと思っている人、転職したいと思っている人。そんな人は、自分の性格を思いかえして
    みてください。仮に、「融通の利かない」、「まじめすぎる」ひと。あきらめた方がいいかもしれません。
    まじめなので、薬剤師になることは出来ますけど、あまりうまくいかないかもです。

    例えば、処方箋の有効期限は4日だとします、ほんの数日、期限をを過ぎた処方箋を持ってくる患者さんが
    いたとしましょう。どうします??まじめに「期限が切れています」なんて言います??それでは、勤まらない
    可能性があるんです。また、明らかに薬を受け取ったた早く帰りたいみたいな空気をかもし出している人が
    いるとします。問診の結果、アレルギーなどもない。薬にも強い副作用はないし、食後に飲めばOK。そんな
    場合でも、完璧な説明をしますか??インフォームドコンセプトなどがあったとしてもです。
    また、精神科の患者さんの場合、そもそも人に応対するのが負担な人もいますよね。そんな場合でも、説明を聞かすのでしょうか。

    薬剤師の仕事の半分は、コミニュケーションです。話し方、声の質。それだけで患者がどう印象を持つか。
    それによって大きく変わってくるのですよね。まじめすぎてもいけません。当然、調剤は完璧にしなけれ
    ばいけないのですが、空気を呼んで融通を利かせないといけないですよね。

    最悪なのは、自分の自分の調剤のスタイルを他の薬剤師に押し付ける人です。まじめすぎるのでしょう。
    そんな人は、医療業界には向いていないのかもです。向いているとしたら、研究機関ですかね。
    ディップはたらこねっと