• TOP
  • 薬剤師として働く
  • 国に従事する薬剤師
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    薬剤師として働く

    国に従事する薬剤師

    ■珍しい仕事ですけどね■
    薬剤師の仕事として、国公立の研究機関勤務や、厚生労働省などの職員があります。例えば、麻薬検査官
    ですも該当すると思います。ですが、想像の通りです。公務員になるわけで、一般企業と比較すると狭き
    門になります。企業より定員が少ないですしね。

    国公立の研究機関ですが、研究内容としてはすぐに薬の開発に結びつく研究よりも基礎研究が多いという
    事です。となると、イメージとしては大学の研究室のような感じですかね。基本的に薬を開発する→利益を
    出すという構図にはなっていないので、20年後30年後の技術革新を見据えているようです。ですが、そういう
    基礎の研究がないと、実生活で使用出来るような薬を開発するなんて事も不可能でしょうから、必要なポジションであるといえますよね。

    当然ですが、厚生労働省などの職員は、公務員試験の勉強もしないといけません。それに、国家公務員と
    なると、自分の希望する仕事に就けるかは全く分かりません。そこにも注意が必要ですね。正直に言って、
    今現在、薬剤師として勤務している人の転職先としては相応しくないかもしれません。ハードルが高すぎ
    ますよね。新卒の人の方がよほど可能性があります。

    そんな事が背景にあるのでしょうかね??厚生労働省の薬の認可システムは人手がぜんぜん足りないようで、
    海外より、軽く10年は遅れているのだとか。だからこそ保険の効かない高い薬を買う事が出来なくて、
    亡くなってしまう人もいるんだそうです。馬鹿みたいな話です。
    ディップはたらこねっと