• TOP
  • 薬剤師として働く
  • ここ20年くらい増えています
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    薬剤師として働く

    ここ20年くらい増えています

    ■最近は、こちらが主流です■
    薬剤師の職場として、調剤薬局があります。昔は、病院で治療し薬を貰うというのが定番です。今でも
    クリニックなどでは行われている形態です。ですが、ここ20年くらいの主流は、調剤薬局と言えると
    思います。ここも、薬剤師さんの転職先の定番といえます。

    というのも、規模がたくさんあるからです。大きい病院のそばにある薬局から個人のしている小規模なも
    のまであります。また、薬の種類にしても種類しか扱わないところから、あらゆる科目を扱うところまで
    様々です。

    薬剤師としてもっとハードな仕事がしたいと思っている人は、大学病院、総合病院などの門前薬局に転職してみてはいかがでしょう。なんでハードかというと、まず、患者数が半端ないです。一昔前の病院の事を思い
    出してみてください。病棟と変わらない暗い薬局に人があふれていましたよね??それを扱うわけですので。
    かなりハードです。また、扱っている疾患も多いので、扱う薬もとても多いわけですね。ちなみに、薬の
    種類は1000種類くらいあるといいますので。とても多いような気がしますが、国家資格を持っていれば
    大丈夫です。

    また、取り扱う疾患が多いという事は、いろいろな患者さんと向き合う事になりますので。この点でも
    かなりハードな感じになっていくと思います。最近は、どんな薬なのか説明する必要もありますけど、
    理解できない人、聞こえづらい人といろいろいますからね。いろいろな意味でハードかつ、興味深い
    職場になるかと思います。
    ディップはたらこねっと