• TOP
  • 看護師転職を考える
  • 子供が原因で、転職する
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    看護師転職を考える

    子供が原因で、転職する

    ■家族として、当たり前の事です■
    最近でこそ、男性が働くケースも増えてきましたけど、看護師は、圧倒的に女性が多い仕事なんです。
    というか、一昔前までは「看護婦」と呼んでいたくらいで、もともとは女性の仕事でしたからね。もと
    もとは女性の職場ですので、出産や子育てに関する環境は比較的整っている職場ともいえます。そうは
    いっても激務ですので、大変なケースもあるのです。

    例えば、大規模な大学病院の看護師をしている人がいたとします。その人は、出産後、2カ月で職場に
    復帰したそうなんです。たった2ヶ月です。かなり早いですよね。もっと、しっかりと産休制度や
    育児休暇制度が充実していれば、さらに長期間休みを取る事が出来たのかもしれません。

    また、生まれて2カ月の赤ちゃんを保育園に預けて職場復帰をしようとしたのですが、その保育園は、
    病院に付属する施設だったみたいで、お迎えの時間が午後6時20分と決まっていたみたいなんです。日勤
    のときは大丈夫なんですが、夜勤などがあると迎えに行く事が出来なくて、旦那さんに協力してもらって
    いたそうなんです。多くの病院は、お子さんが一歳を超えた段階で、夜勤が解禁されると聞きますので。
    そんなケースだと、お子さんが夜勤の度に夜家を離れる事に慣れていないので、泣いたりする事が多い
    みたいです。そうなると、仕事どころではなくなりますよね。

    看護師としての仕事をしていれば、子育てに関して、夫の協力も必要不可欠になりますよね。仮に、家族の
    協力を得る事が出来ないのであれば、日勤専門のクリニックか、24時間体制の託児所などを用意している
    病院に転職せざるを得ないですよね。
    ディップはたらこねっと