• TOP
  • 看護師転職を考える
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    看護師転職を考える
    ■いつでもOKではないのです■
    何事にもコツがあります。それは、転職でも同じなんです。意外と思われるかもしれませんが、転職にも、
    適した時期というものがあります。いつでもいいわけではないのです。
    仮に新卒であれば、転職を開始する時期って決まっていますよね。これの中途採用版というものがある
    という事です。今すぐ転職したいと考えている人にとっては我慢できないかもしれないのですが、
    良い時期に転職するという事で、良い求人を見つける事が出来るという方式もあると思うのです。

    ちなみに、一番求人が多く出るのは、4月の年度初めに向けた2月3月などになります。働いている方として
    きりがいいと感じてしまうのは、年内とかなのですけどね。ただ、その頃に転職をしたいと思っても、もう
    少し待って、2月3月の求人が多い時期に、新しい職場を探すというのが、条件のいい職場が見つかりやすい
    ということになります。あと、個人的にですが、結婚退職をする人も多いという事で、6月近辺もねらい目
    かもです。

    また、現金な話なんですが、転職時期、ボーナスの給付時期とも微妙にリンクする事が多いのですよね。
    一般的に賞与が支給されるのは、7月、12月である事が多いわけです。それを受け取った時期に、退職
    届けを提出する事を考えてみてください。それから2ヵ月後ぐらいですね。となると、やはり、2月~3月は、
    年度はじめ+賞与のダブルのケースで、求人が増えるという事になるわけです。

    自分をより高く売るという事を意識すると、いつ転職活動を行うかという部分を大事にしないといけ
    ないと思います。

     

    ■気になりますよね■
    転職活動をしていて気になる点、問題になる点として年齢制限がとても気になります。これは、年配の人
    だけではないのです。求人の中にはマネジメント的な仕事も求めているケースもあります。そうなると、
    若い人ではNGな場合があるのです。

    一般的な企業だと年齢が35歳を超えると再就職がどうしても難しくなりがちです。ですが、これは一般的
    な仕事に言えることで看護師の世界はそこまで顕著ではないようなのです。体力的な面、周りの環境に
    馴染めるかどうかという点がなにより重要視されているわけですね。当然、体力も重要ですがね。
    健康でない人には、行う事が出来ない業務が看護師という職業です。

    逆に言えば、経験が豊富なだけに落ち着いた対応ができたり、いろいろな面での細かな配慮が行き届く
    などのメリットもあるわけですね。また、看護師の世界は、全国的に人手不足です。年齢的にハンデが
    あっても、うまく転職活動すればスムーズに次の職場が決まると思います。むしろハンデになるのは、
    いざ転職してみると、自分よりも若い人が上司になるなんてケースもありえます。その事に納得できる
    のであれば、転職についてハードルは高くありません。

    看護師の仕事というのは、人を相手にする職業です。そういうわけで、一般的な職業よりもキャリアを
    求められるわけですね。その点、ある程度年配の人でも十分求人があると考えていいという事になります
    よね。なので、年配の人でもあきらめる事無く転職活動をし続けてください。

     

    ■基本、困る事はありません■
    世の中にある職種の中で、転職しやすい職業と言えるのが、看護師です。慢性的な人材不足であるのが
    医療業界ですし、離職率が以外に高いのも理由になっていると思います。

    さて、その「看護師」ですが、昔は看護婦でした。制度が改定されて、男性でもなる事が出来るように
    なっています。確かに、介護の分野、精神科などのある程度体力がいるケースがありそうな分野では、
    男性の方が言いなんていう事もありますよね。特に最近は、高齢化が進んでいますので、看護師を
    はじめとする医療スタッフにも、より高度な福祉の視点が求められるようになっているそうですよ。
    今後さらに福祉分野での活躍の機会も増えていくものと思われます。

    また、医療業界そのものが日進月歩で進んでいる業界ですので、常に勉強しておかないといけない
    ですね。その点も厳しいです。ただ、それは医療業界に就職した時点で分かっていることなので問題
    ないかもしれません。

    ですが、「転職」という点においては、かなり有利に進める事が出来る職種です。きちっと看護師
    としてのキャリアがあって、夜勤などの厳しい勤務状況を認める事が出来れば間違いなく転職出来ると
    思いますね。転職できないという事はないかと思います。給料にしても、一般的な職種と比較すると高い
    ですからね。運良く、緊急性のない科にいって高給という事も出来るわけです。もっというと、そういう
    個人クリニックに就職できればかなり安定した生活をする事が出来ると思います。

     

    ■大きいのは、残業代でしょうか■
    看護師さんが、転職する理由として挙げられるものの一つに「給与」というものがあります。基本的に
    給与が高いと言われている看護師の世界ですが、それでも働いている病院などによって、給与の差という
    のは以外に大きいのです。

    特に差が出てくるのは、残業ですね。医療の世界というのは、○○時~○○時と勤務時間が決まっていても、
    簡単にずれてしまうものです。患者さんの数が多ければ、どうしたって最後まで診察しないといけないです
    からね。正直、仕事が忙しいのはいいのですよね。。。問題は、働いた分だけの給与をもらえるかどうかが
    大事に成ってくるんです。

    そこで重要になってくるのが、「残業代」です。仮にこれがないような職場という事になると、基本給しか
    貰う事が出来ないという事になりますので、どうしても給与が少なくなってしまうわけです。看護師さんの
    平均残業が、約40時間くらいという事を聞いた事があります。通常、基本給×1.25倍というのが残業代の
    試算になりますので、そうなると、一つの給与として6万~10万円くらいは変わってきてしまいます。年収
    ベースでいうと、70万くらいは変わってくるわけです。この数字はかなり大きいです。特に若い人にとっ
    ては大きな違いに感じると思います。

    そこで転職するわけですね。中には給料が高くてもハードな職場環境ではないケースも多いです。そういう
    ところを探してみるのもいいと思います。

     

    ■考えてしまいますよね■
    看護師というのは、国家試験に合格しないとなれません。ということは、全国にたくさんいる看護師
    さんのレベルというのは、基礎的な「頭脳」の面では大差がないと言う可能性が高いのです。そこに、
    「経験」、「最新医療」が加わると、変わってきますけど。

    ですが、以外に多いのが看護師さんお給料の地域間格差です。例えば、看護師としてのキャリアが
    5年程度の人の平均年収ですが、関東地方434万円、近畿地方429万円、東海地方424万円、北海道420万円。
    ここまでは大差ないですよ。年間10万円という事は月1万円ですしね。

    ですが、北陸、信越地方394万円、九州、沖縄地方388万円、中国地方375万円、東北地方367万円、
    四国地方345万円となってしまうと、かなりの差です。関東と四国地方の間には100万円の差があります。
    直感では、かなりの差があると感じてしまいます。

    まぁ確かに、どんな業種でも首都圏と地方では年収の格差はあります。当たり前です。仕事内容も、
    大都市圏の病院の忙しさと、地方の病院の忙しさでは、差があるということも理解しているつもりです
    けどね。ですが、総合的に考えてみてください。生活していくうえでは、関東地方の方が厳しい場合も
    あるかもです。食べ物、住居などの物価が高いですので。最大100万円の収入の差がありますけど、実際は
    そこまでの差はないと思います。また、都会で暮らす事のない、ストレスを抱える事のない暮らしが出来る
    のが地方です。そういう事を総合的に判断して、転職先を考えてみてもいいですよね。

     

    ■とても高いと思います■
    看護師の世界だけではなく、どんな仕事についている人でも、転職しようとしている場合は、離職率と
    いうのが気になると思います。ちなみに、離職率とは、その職やその職場を離れる人の割合の事になり
    ますけど、離職率が高いとなると、その仕事、会社はとても大変であるいう事が言えると思います。

    ちなみに、看護師の離職率は15%とも言われています。正直、異常な数値と言えるような気がします。
    100人働いていて、15人転職する職場なんて人の入れ替わりが慌しくてしょうがないですよね??実際、
    他の業種では、離職率は5%切る業界が多いのではないでしょうかね。離職率が高い原因として、仕事を
    する環境が整っていない。または、人間関係がぎくしゃくしている等があります。仕事を長続きしたくても
    できないわけなんです。病院特有の事情があって、ここまでの離職率の高さになっているのだと思います。

    それに加えて、「看護師を辞めたい」と考えている人は40%を超えるなんていわれているそうで、
    こんな数字を見てしまうと、看護師の仕事というのはとても大変であると言う事になりますよね。
    なかなか続けるのが難しい仕事であるということも分かります。

    こういう情報は、病院が公表する事は基本ないと思いますので注意が必要です。ですが、転職支援
    サービスなどをうまく活用すると出来ますよ。例えば、新人さんの離職率が高いなどという病院の
    場合は、若い人は遠慮するべき病院になるのではないでしょうか。

     

    ■どの職種でも同じなんです■
    基本的に看護師になろうとする人は、強い決意をもって就職していると思います。そりゃそうです。
    看護師になるために、専門的な教育をうけ、国家試験に合格してから、看護師になっていますので。
    ですが、どうしても常に高い向上心を持っている人ってなかなかいないものなんです。日常に紛れて
    しまうわけですね。

    ですが、向上心の強い人はたくさんいます。看護師の世界で、転職する人はそういう人もたくさんいる
    と思います。医者などと同じですよね。所謂キャリアアップですね。基本的に後ろ向きの転職理由が
    多いというイメージがありますけど、プラスの理由で転職する看護婦さんもそれなりにいるという事なの
    ですよ。

    看護師の仕事は誰にでもできる仕事ではないですからね。どうしても、プライドが高くなってくると思い
    ます。そうなると、現状では満足できなくなってしまうわけですね。ただ、そういう人は、どこの病院でも
    欲しい人材に決まっていますので、転職しようと思うと、かなりの確率で転職する事が出来ます。間違い
    ないと思います。その場合は、給与などの条件よりも、患者数、ベッド数などを考慮して転職したほうが
    いいでしょう。年収などの条件は、後から付いてくると思います。つまり、よく患者と向きあう事が出来る
    病院がいいと思うのです。そのためには、患者さんがたくさんいること。であれば、自分がこれまで培って
    きたスキルを発揮できると思います。

     

    ■ただの眼だけではありません■
    看護師さんの転職先として、眼科という選択肢もあります。眼科というと、病院の中にあるというよりも、
    クリニックの方が一般的だと思います。こういう傾向にあるのは、眼科に限った事ではないですが、眼科は
    よりその傾向が強いと思います。

    実は、眼科でも看護師は必要なんです。求人としてはそれほど多くのものがあるわけではないのですけど
    ね。というのも、眼科ってとても小さいクリニックがありますよね。その場合は、看護師が2人以上は
    必要ないなんて事もあって、あまり人の入れ替わりが少ないと言えるのです。

    また、ひとつのクリニックに対して、あまり看護師がいないという事は、それだけ、他の診療科目に
    比べると、非常に仕事の内容が幅広いこともあると思います。それほど重篤な症状の人がいないという
    イメージがありますけど、コンタクトレンズの誤った使用方法などが影響して、重篤な患者も出てきて
    いますので、職場としてもやりがいがあると思います。

    今後についても、展望は明るいです。というのも、視力が落ちた人の第一選択肢として、めがねではなく
    コンタクトを取るという人が増えてきています。めがねの方はむしろおしゃれアイテムとしての地位を
    確立しつつありますからね。一つ5000円なんていうありえない金額のものもありますし、度が入っていない
    めがねも売れているといいますしね。コンタクトを購入するには、どうしたって眼科を受診しないといけ
    ませんのでね。

     

    ■家族として、当たり前の事です■
    最近でこそ、男性が働くケースも増えてきましたけど、看護師は、圧倒的に女性が多い仕事なんです。
    というか、一昔前までは「看護婦」と呼んでいたくらいで、もともとは女性の仕事でしたからね。もと
    もとは女性の職場ですので、出産や子育てに関する環境は比較的整っている職場ともいえます。そうは
    いっても激務ですので、大変なケースもあるのです。

    例えば、大規模な大学病院の看護師をしている人がいたとします。その人は、出産後、2カ月で職場に
    復帰したそうなんです。たった2ヶ月です。かなり早いですよね。もっと、しっかりと産休制度や
    育児休暇制度が充実していれば、さらに長期間休みを取る事が出来たのかもしれません。

    また、生まれて2カ月の赤ちゃんを保育園に預けて職場復帰をしようとしたのですが、その保育園は、
    病院に付属する施設だったみたいで、お迎えの時間が午後6時20分と決まっていたみたいなんです。日勤
    のときは大丈夫なんですが、夜勤などがあると迎えに行く事が出来なくて、旦那さんに協力してもらって
    いたそうなんです。多くの病院は、お子さんが一歳を超えた段階で、夜勤が解禁されると聞きますので。
    そんなケースだと、お子さんが夜勤の度に夜家を離れる事に慣れていないので、泣いたりする事が多い
    みたいです。そうなると、仕事どころではなくなりますよね。

    看護師としての仕事をしていれば、子育てに関して、夫の協力も必要不可欠になりますよね。仮に、家族の
    協力を得る事が出来ないのであれば、日勤専門のクリニックか、24時間体制の託児所などを用意している
    病院に転職せざるを得ないですよね。

     

    ■過酷勤務はだめです■
    看護師の人で、転職を希望する人。意外と多いです。その中の理由ですが、余りに勤務時間が長いと
    いうのがあります。これは、残業代金がきちんと支払われていてもです。若い人は個人的に遊ぶ時間が
    欲しかったり、ある程度年配の人であると単純にきつかったり、また、家庭も大事にしたいという理由が
    あるわけですね。

    看護婦の勤務時間ですが、ピンきりです。一番労働時間が厳しい職場になると、まず時間が不規則なのは
    大前提です。また、労働時間が10時間を超えるのも当たり前ですよね。10時間以上となると、月の残業時間が
    60時間を越えるような感じになります。かなり厳しい状況です。また、土日が休みというわけでもありません。そうなると、どうしてもプライベートな時間がなくなってしまうわけです。これは、若い世代にとっては
    意外と深刻な問題ですよ。結婚できなくなってしまいますからね。それでは、どんなに自分が好きな仕事を
    していても、精神的にだめになってしまうわけです。仮に、土日しっかり休む事が出来るのであれば、毎日
    終電でもOKだと思いますね。

    なので、
    ・残業があんまりない
    ・きちんと休める(週休2日)
    という職場に転職したいと思うのはしょうがない事ではないでしょうか。実際、そういう職場も増えてきて
    います。例えば、夜勤がない病院などが人気ですよね。入院施設がなければ、診察時間だけで仕事は終わり
    ですからね。夜に自由な時間があるというだけで、相当自由度は高まります。遊ぶにしても休むにしても
    自分で決める事ができるのはいいことです。

     

    ■意外な事なんですが■
    産婦人科医が少なくなっているといわれて久しいですよね。どうしても勤務が不規則になるし、勤務
    時間も長くなるなどの理由がありますけど、それだけではありません。正直にいって、男性の若い子が
    産婦人科医にならないという意味合いは分かります。これは、「性的な目で見るのではないか」と
    思われることへの抵抗です。近年では、そういう事を気にする女性もおおいといいます。これ、若くて
    も年老いていても女性には抵抗があるみたいですから。男性としてはどうしようもない問題なんですがね。

    ですが、女性にまで産婦人科医になる人が少ないという事情がわかりませんよね。当たり前の話ですが
    子供を生むのは女性しかいません。ともすれば、女性である事はメリットにもなるかなと思うのです
    よね。自分が院長であるならば、産婦人科医を含むスタッフはほぼ女性にしたいくらいですね。女性
    目線からすると、とても安心できるのではないかと思うのですけど、いかがでしょうか。

    実は、産婦人科医って妊婦や胎児に深刻な事態が起きた時に、損害賠償を求められる可能性があるん
    ですよね。つまり、勤務はとても厳しいのに、いざリスクがあるととんでもない事態になると考えて
    しまって、産婦人科医になることを躊躇してしまうわけですね。

    本来であれば、産婦人科などの女性がなるほうが相応しい科目なんですけどね。。。自分のキャリア
    プランを考えるときに、不利益になる科には働きたくないという事なんだと思います。

     

    ■少々面倒くさいですが■
    看護師というのは、医療機関、病院などで仕事をしているため、仕事上で出会いのある人は、患者か
    病院関係者、医療関係者に限定されます。なので、看護師と医者の結婚なんて事も多いと聞きます。
    医師との結婚は、ある意味で、婚活中の女性の憧れともいえるのかもしれませんけどね。

    なんにしても、看護師として働いている人、働きたい人の場合は「結婚」というのがどうしても深い
    テーマになってしまうのです。

    今でも看護師は、圧倒的に女性が多い職場です。その点、女性の社会進出については寛容な部分が多い
    職場です。裏を返すと女性が働く事は当然という職場でもあるのです。自分のキャリアと結婚を、同時
    に叶えるために、結婚する時期などいろいろと考える事と思いますよ。考えた結果として、結婚する
    時に退職する人も多いと思いますけどね。

    現在の病院は、病院内でも、様々な部署があります。たとえば、一番結婚率が高いといわれているのは
    どこだと思います??実は、オペ室なんです。医師との結婚率が高いと言われています。一説によると、
    オペ室ってどうしても緊張感のある職場になります。その緊張感が関係を近づけるという傾向があるみ
    たいです。

    また、患者との関係が近いといわれているのが整形外科です。骨折などで長期間入院する人もいます。
    骨折以外は健康な人なので話なども弾みます。結果として、患者さんと深い仲になるという事もあるみ
    たいですね。これは、なかなか、実際に整形外科に勤めたことのある看護師でないと、分からないこと
    ですよね。

     

    ■良く見かけます■
    病院で診察待ちをしていると、関係者が弁当などを持って歩いている姿見かけません??特に、看護師さん
    などがです。休憩時間なんですね。ですが、この風景がない病院もあります。食事補助ありの病院もあると
    いう事なんです。

    看護師は不規則な仕事だと言われています。夜勤などもありますし。昼夜逆転した生活が原因で、体調を
    崩してしまう人もいるようです。これは、睡眠の問題だけではないのです。健康な人間の体に必要な
    ものは、睡眠と栄養ですからね。寝ているだけではだめなのです。看護師は体力のいる仕事だと思います
    し、なんといっても人の命を預かるという仕事ですし、看護婦さんが不健康では笑い話にもなりません。
    きちんと看護師としての自覚を持つには、日頃から栄養のある食事を摂取する努力をしなくてはいけません。

    そうはいっても、激務です。なかなかバランスのいい食事というのが出来ない人がいます。そういう人の
    為には、食事補助がある。もっというと、社員食堂がある病院というのは理想的といえます。具体的に
    いうと、給料から1日数百円分天引きしていく。これでいいと思うのですよね。病院という特性上、24時間
    営業にしておいて、職員であれば仕事のない日でも利用できると。看護師さんの寮となると、病院のそばに
    あったりしますので、利用する人も多いはす。どんなに食べても2万円いかないですし。健康的な食事を、
    月2万円で食べる事が出来たら最高じゃないですか??

    転職を考えている人がいたら、「食の環境」についても考えてみる必要があると思いますよ。

     

    ■福利厚生の代表とも言えます■
    看護師として長く働くコツとして、自分の希望や条件に合致した職場を探すのが最適です。その条件
    ですが、例えば手当ですね。手当一つとっても、ケチな職場もあれば、きちんと出してくれる職場も
    ありますよね。まぁ職場の経営状態にもよるのですがね。

    手当にはいろいろな種類があります。住宅手当、通勤手当、資格手当、割増手当、皆勤手当などがあり
    ます。その中で個人的に注目するべき手当は、住宅手当だと思いますね。実は、住宅手当は任意手当
    なので、支給される基準や額は明確に決まっているわけではありませんよね。

    住宅費を補助してくれる貴重な手当だからこそ、かなり注目はされているのですけどね。それほど多くの
    病院、企業などが負担してくれるわけではありません。むしろ、「寮」という形式で住宅の確保を行って
    いるケースがほとんどです。ですが、それでもいいのは独身の人だけですよね。結婚してしまうと、
    住宅についての福利厚生がなくなってしまうケースが多いです。

    住宅手当の大半は、一部負担です。さすがに、家賃の全額を補助してくれる太っ腹な職場はほとんど
    ありませんのでご注意ください。まぁ恐らくは、多くて3割とか、上限を決めているなどではないで
    しょうかね。。。世の中の相場としては、5000円~15000円くらいらしいのですが。。。これは少ない
    ですよね。。これは、首都圏の病院であれば必須のような気がしますので、転職するときに良く確認
    しておくべきだと思います。

     

    実際、転職を考えている医者を年代別に調査した時、医師になって10年目から14年目が最も多いそう
    です。その割合、実に50%だそうです。世代的には、35~40歳くらいでしょうか。多くの人が結婚
    していると思いますし、お子さんがるケースも多いでしょう。それでも、転職を考えるわけですね。
    必死になって働いてきて、10年くらいたつと職場環境を変えてみたくなる時期なのかもしれないです
    よね。

    ちなみに、職場環境には、一緒に働くスタッフとの人間関係や勤務する病院の状況だけではなく、
    「勤務地」もあるんです。結婚している、お子さんがいる。だからこそ、勤務地を変えてみたいと
    いう話もあるのかもしれません。また、結婚したパートナーの都合などにより、勤務地を変えないと
    いけないなんて可能性もあるわけです。現在、都会に勤務している人が、郊外だったりやへき地医療
    を希望したり、逆に田舎の病院に勤務していた医師が、都会の病院に転職を希望する事もあります。
    件数としては、都会に勤務している人が、郊外だったりやへき地医療を希望するほうが多いと思う
    のですがね。

    ですが、それぞれの都市には土地柄というのがありますよね。方言なんかもその一つですね。病院
    の経営方針、職場の雰囲気もそうですし。それになれる事が出来ないとかなり厳しいですよね。
    ですので、勤務地まで変更するという場合は、自分か奥さんの故郷にするのがいいと思います。それで
    あれば、少なくてもなじみがあるわけで。戸惑いはあまりないと思います。

     

    ■現実はそうは変わりません■
    一時期と比べると、看護師が働く事の出来る職場というのは、増えてきています。特定の科目が多い
    ですが、クリニックも増えてきていますしね。そうはいっても、看護師のほとんどは、やはり、医療
    機関や病院で勤務するケースがほとんどです。また、仕事内容にしても、病人やけが人の介助やお世話
    をするというのが、メインの仕事になってきます。

    また、病気や怪我を抱えている人が、「夜中だから病院いくはやめよう」とはなりません。入院している
    患者などもいますし、結局病院は24時間動き続けないといけないわけですね。

    病院が24時間といっても、そこで勤めている人々は、24時間仕事をしているわけではありません。
    当然のことですが。そこで、多くの病院はシフト勤務を強いています。当然、休日そのものはきちんと
    決められた日数が割り振られます。ですが、土日や祝日が必ずしも休みになるということは、なかなか
    ない職業なんですよね。看護師の仕事というものはそういうものだと認識して、仕事を始める人がほとんど
    なんですが、例えば、結婚する、子供が生まれるなどの環境の変化に伴って、どうしても土日を休みにしたい
    という事があれば、転職しやすいという事もあるわけです。

    ただ、大規模から、中規模の医療機関や病院の場合は、ほとんどがシフト制の勤務体制をとっているのが
    実情ですからね。どうしても、土日に休みたい。せめて、土曜日の昼からは休みたいなんて言う人は、
    クリニックを選択する方がいいかもしれません。それも、手術がないようなクリニックを選択するべき
    なんだと思います。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと