• TOP
  • 精神保健福祉士について
  • 注目するべき資格です
  • 精神保健福祉士について

    注目するべき資格です

    ■新しい資格であるといえます■
    精神保健福祉士は、1997に制定された「精神保健福祉法」の基づいて生まれた国家資格です。まだ
    15年程度と新しい資格ですね。精神障害者の社会復帰促進について相談援助を行うソーシャルワーカー
    という位置づけです。

    所謂メンタルヘルスの領域は、ものすごい高まってきています。全てがメンタルの問題ではないのです
    けど、自殺者の数も相当数にのぼるはずです。どこかで聞いた話では、3万人もの人が自殺しているなんて
    話もききました。交通事故の3倍~4倍くらいです。ものすごい数ですよね。

    非常に簡単にいえば、精神障害者の相談に応じるという仕事なのだと思います。援助する人は、精神病院
    に入院や通院している人だけではなく、医療機関受診に至っていない人も含まれますので、対象者の数は
    かなりたくさんいると思います。という事は、今後は重要な資格になってくるという事になりますよね。
    なりたいと言う人もたくさん出てくると思います。

    精神保健福祉士になるには、国家試験に合格する必要があります。その受験資格ですが、いくつかのパターン
    がありますね。一番直接的な方法は、保健福祉系大学等で指定科目を履修→国家試験合格というパターン
    ですね。ですが、一般の大学、短大などを卒業しても一般養成施設に通って国家試験に合格という事も
    可能ですので、専門的な知識がない人に対しても道は開かれています。それも通学制で1年ですからね。
    それくらいであれば、時間的にも、金額的にも何とか成りますよね。

    ディップはたらこねっと