• TOP
  • 精神保健福祉士について
  • 精神保健福祉士について
    ■以外に種類が豊富です■
    いざ、精神保健福祉士の資格を取ったとして、就職する場所は提供されるのかという問題があります
    よね。そこで、精神保健福祉士の職場を紹介していきたいと思います。精神保健福祉士の職場としては、
    医療機関、行政機関、精神障害者社会復帰施設の3つがあります。

    医療機関については、精神科病院がまずあげられますね。というかこの場所は、精神科ソーシャルワーカー
    発祥の地ですね。入退院の援助、退院後の生活支援、病院と地域の橋渡しなどを行うわけです。また、
    総合病院の精神科も同じですね。また、聞きなれないと思いますが、「精神科診療所」もあります。
    この施設は、精神病院を退院した人が身近な地域で継続して治療を受ける場所なんです。障害者の
    方を地域で支える医療上の拠点と言えるかもしれませんね。

    行政機関は、精神保健福祉センター、保健所などがあります。ですが、さすがに行政機関なので
    公務員試験に合格する必要があります。むしろ、そちらに合格するほうが、ハードルとしては高い可能性
    があるかもです。受験する人の数も桁が違いますからね。

    精神障害者社会復帰施設については、法律で定められている施設です。精神障害者の社会復帰、自立の
    促進および生活支援が主な目的です。こちらの職場が最も精神保健福祉士にスキルを発揮できる場所かも
    しれませんよね。やはり、アフターケアが大事なのが精神的な疾患を抱えている人にとっては大事になって
    くると思います。

     

    ■新しい資格であるといえます■
    精神保健福祉士は、1997に制定された「精神保健福祉法」の基づいて生まれた国家資格です。まだ
    15年程度と新しい資格ですね。精神障害者の社会復帰促進について相談援助を行うソーシャルワーカー
    という位置づけです。

    所謂メンタルヘルスの領域は、ものすごい高まってきています。全てがメンタルの問題ではないのです
    けど、自殺者の数も相当数にのぼるはずです。どこかで聞いた話では、3万人もの人が自殺しているなんて
    話もききました。交通事故の3倍~4倍くらいです。ものすごい数ですよね。

    非常に簡単にいえば、精神障害者の相談に応じるという仕事なのだと思います。援助する人は、精神病院
    に入院や通院している人だけではなく、医療機関受診に至っていない人も含まれますので、対象者の数は
    かなりたくさんいると思います。という事は、今後は重要な資格になってくるという事になりますよね。
    なりたいと言う人もたくさん出てくると思います。

    精神保健福祉士になるには、国家試験に合格する必要があります。その受験資格ですが、いくつかのパターン
    がありますね。一番直接的な方法は、保健福祉系大学等で指定科目を履修→国家試験合格というパターン
    ですね。ですが、一般の大学、短大などを卒業しても一般養成施設に通って国家試験に合格という事も
    可能ですので、専門的な知識がない人に対しても道は開かれています。それも通学制で1年ですからね。
    それくらいであれば、時間的にも、金額的にも何とか成りますよね。

     

    ■社会人には有難い話です■
    精神保健福祉士の国家試験ですが、何も学生だけの話ではありません。意外と、社会人の人でも受ける
    事が出来るのです。というのも、大学の通信教育が充実しているからです。

    全国にいくつかある大学のなかで最もおすすめなのが、日本福祉大学の通信教育です。この大学ですが、
    合格率が全国の通信制大学第1位なんです。2009年では、受験者数130名のうち99名が合格したそうです。
    その合格率は6割を超えています。この数字も異常かもしれませんよね。

    また、卒業率が異常に高いです。全国通信制大学の平均って約13%なんですけど、この学校の場合は、
    4年次在籍者の卒業率が約5割なんです。実に4倍強の数字を誇っています。なぜかというと、資格取得
    に向けたサポート体制がとても充実しているからではないでしょうかね。社会福祉実習教育研究センター
    という施設があって、実習の事前学習や実習先の情報提供などを行い、学生の目的に沿った実習、体験
    学習を支援しているのだそうです。通信制などで常に学校にいくわけではありません。社会人でも、
    夏期休暇などをうまく活用すれば通うことは可能です。

    社会人の人たちでも通いやすい理由としては、4年制大学を卒業されている場合は、4年次編入学が可能
    なんです。簡単にいうと、一年で精神保健福祉士の受験資格を得る事が出来るわけですね。人気がでる
    わけです。一年間、働きながら勉強する事が出来るわけですので。家庭を持っている人などは、無職
    の期間を作る事無く転職する事が可能になってくると思います。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと