• TOP
  • 看護師転職の豆知識
  • 実態を把握していない可能性が
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    看護師転職の豆知識

    実態を把握していない可能性が

    ■何のためのルールなのか■
    看護師の世界では、72時間ルールというのがあります。これは、2006年に厚生労働省が定めたものなの
    ですが、非常に単純にいうと、看護師の夜勤の平均時間が72時間以内じゃないと、特別入院基本料を
    点数の低いほうで算定しなければならないというものです。この72時間ですが、2交替の16時間勤務だと
    月4回まで、3交替の8時間勤務だと月9回までとなります。

    これがなぜ問題なのかというと、看護師は慢性的に人手不足です。また、地方などの医療機関になると、
    経費削減を考えざるを得なくて、ぎりぎりの人手でまわしているという事情があります。そんな状況で、
    72時間は厳しいわけです。

    ですが、日本看護協会は64時間を主張しているんですよね。つまり、もっと夜勤を減らしてくれと。看護師
    さん側の意見を参考にして、厚生労働省がこの時間を決めたんですが、これに、病院側・医師側が猛反発し
    たんです。そりゃそうですよね。看護師さんが不足している。現状の夜勤体制を維持するだけでも精一杯
    なのに、夜勤減らさないと収入減らすよって事ですので。経営が出来なくなるっていう事なんですよね。
    首都圏や郊外でたくさん看護師がいるような大きな病院では、夜勤用の看護師を加えて、職員全体の
    夜勤時間を抑える事が簡単ですけどね。果たして、小さい病院にそれ出来ます??

    また、看護師さん自身も、夜勤が減る→年収が減るですよ。あまりメリットはないように思います。夜勤の
    時間を減らす事も大事ですが、それぞれの偉い人がもっと全体的なことを考えないとですよね。例えば、
    看護師さんを復職しやすくして、頭数を増やして行く。ある程度のベッドを持っている病院では、24時間
    体制の託児所を義務付けるとかですね。そういう対応も必要になってくると思いますね。
    ディップはたらこねっと