• TOP
  • 看護師転職の豆知識
  • 看護師の貯金額について
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    看護師転職の豆知識

    看護師の貯金額について

    ■先立つものが必要です■
    看護師というのは、一般的な職種と比較すると高給料の職業だと思います。月給換算すると、平均32万円
    と言われていますので。そこで、キャリアを積んだ看護師であれば、当然、それ以上のお給料をもらって
    いるはずですし、中には、年収1000万円を超えるような看護師もいるということです。では、看護師のみな
    さんは、どれくらいの貯金ができるものなのでしょうか。

    ちなみに、この貯金額結構需要です。看護師の人は、一般的な職種と違い、かなり疲弊した状態で勤務
    しています。また、生活が不規則である事もあって、売り手市場であっても転職活動そのものを進める
    事が出来ないなんて人もいます。そんな時にある程度の蓄えがあると、楽な気持ちで転職活動に取り組む
    事が出来るわけなんです。

    貯金というのは、収入と支出のバランスによって成り立っているので、年収が高い=貯金が多いでは
    ないのですが、一般的な看護師の場合、30歳くらいで300万円~500万円くらいの貯金額であるのが
    相場と言われています。かなりの額ですよね。これには、看護師という職業の特徴が透けて見えますね。

    独身の看護師の多くは、寮に住んでいたり、家賃補助を受けているケースが多いです。首都圏になると、
    どんなに安くても6万円くらいはすると仮定すると、家賃分だけで年間70万円程度を貯金できます。仮に、
    5年のキャリアであれば、350万円ですね。やはり、平均的な額にまでは届くという事になります。
    居住費があまりかからないと、その分、しっかりと貯金ができるという図式なのでしょう。また、夜勤
    などをハードにこなしていると、お金を使う機会すら限られてくるので、さらに貯金可能になってくる
    わけですね。
    ディップはたらこねっと