• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 小児科は開業しやすい
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    小児科は開業しやすい

    ■技術じゃないからです■
    個人的な見解ですが、小児科って「開業しやすい」科なんですよね。これは、小児科という科目の
    プラス面、マイナス面両方が影響していると思います。

    実は、内科、外科などの患者が多そうな主要な科目で開業しようと思うと、どうしても今行えている
    医療のレベルからダウンさせた状態で始めないといけないのですよね。そりゃそうです。大きな病院
    であればあるほど、ものすごい設備である事が多いですからね。その設備をそのままそっくり開業医
    レベルで実現できる事はまずありませんよね。お金がどれくらいあっても足りませんし、そこまで
    借りると返す事が出来なくなってしまいますから。実は、それを理由にして開業する事をためらう人も
    いるくらいなんですよ。

    それに対して、小児科は最初から専門技術が必要ないですからね。正直にいって診療レベルは勤務医
    の時と、さほど変わらないわけです。つまり、開業するにあたって技術的に捨てるものが何もないわけ
    ですよね。捨てるのは、今働いている病院で培ってきた地位くらいですよね。そんなものは、開業すると
    決めた時点で、捨てる覚悟が出来ているはずですので。開業に対するジレンマというのが全くないはず
    なんです。

    小児科に勤務していて、開業しようとする人は間違いなく子供が好きなはずですのでね。開業する事に
    抵抗はないはずですね。おそらく興味があるのは、専門医療技術ではなく、日常の小児医療そのもので
    あるはずですから。
    ディップはたらこねっと