• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 地方は医者が不足する
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    地方は医者が不足する

    ■慢性的な人材不足です■
    良く、医者の人材不足が深刻だといいますよね。ですが、これって、地方に行けばいくほど、より鮮明
    になるんです。裏をかえすと、首都圏ではそれほど深刻な医師不足って起きていないかもしれません。
    では、なぜ地方で医師不足が起きているのかですね。それは制度の問題なんです。

    昔は、これは研修医をこれまでまんべんなく地方の病院にも分散して振り分けるという制度を利用して
    いました。ですが、それをあえて変更して、研修医が自由に病院を選択できる制度に変更したんです。
    これは、愚策だったかもしれないですね。そんな事をしたらどうしたって、若者は首都圏に残ります
    からね。当たり前の話です。若者の場合は、「仕事をしないときの街としての魅力」も込みで首都圏で
    仕事をしているはずですので。

    ですが、これは若者なりの計算も含んでいる可能性があります。若いうちは、より最新の医療現場で
    経験を積んでおきたい、その後、ふるさとの病院に転職するなんて事を思い描いている人も多くいると
    思います。ですが、勤務医の業務の過酷さは首都圏、地方ともそれほど変化はないと思いますので、
    その点は注意するようにしてください。

    今後は、地方の医療をどうレベルアップさせるかも重要です。その点では、若者もそうですが、それを
    指導できるような経験豊富な医師をどう地方に転職させるかも重要です。それが出来れば、若者の地方
    離れも徐々に回避できる可能性があります。遊べない不自由さを補うだけの何かがあれば、若者は自然と
    集まってきます。
    ディップはたらこねっと