• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 日本ではあまりないのですが
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    日本ではあまりないのですが

    ■転職が多いとつい、なおざりにしがちですが■
    看護師というのは、転職する人が多い職業であるといえます。それだけ過酷な勤務が続くという事の
    証といえるのですが、当然、それ以外の理由もあります。欧米の看護師ではごく当たり前のことなの
    ですが、「キャリアアップ」という理由です。 その場合、一般的な転職よりも、わりと条件に拘ると思います。本人がキャリアアップというものを
    単なる規模の大きな病院に転職というケースであれば、単純なんですが、たとえば、専門的な医療機関
    がいいだのと細かい転職要件を考えているケースもありますからね。また、金銭に関しても、月々の
    お給料がいくらなのか、夜勤などの手当がいくらなのか、また、社会保障などの保障面はどうなって
    いるのか、住宅手当などの福利厚生についてもどうなっているのかなど、お給料に関係してくる待遇は
    非常にいろいろあります。

    ですが、以外に見落としがちなのが「退職金」ですよね。転職する人が多いという事で、あまり退職金が
    重要視していない傾向があるのですが、これ結構盲点なんです。例えば、勤続5年を迎えると、退職金が
    支払われるという条件だったのに、4年半年でやめてしまってなんてことになると、それなりのお金を
    失う事になりますから。ばかばかしいですよね。お金の問題だけではないですが。正当な権利は受け取る
    べきなんです。

    転職先の退職金制度がどうなっているのかという問題もそうですが、今働いている勤務先の退職金もどう
    なっているのかもきちんと調査しておいてください。
    ディップはたらこねっと