• TOP
  • 医療関連の転職について
  • これまでの伝統が崩れていっています
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    これまでの伝統が崩れていっています

    ■キャリアアップしたいのです■
    医者が転職したいと思う理由の一つが「キャリアアップ」があります。これは、お金の話だけ
    ではありません。そこには、日本の医療界の伝統が崩れてきている背景があります。今現在も、
    多くの医者は大学の医局に所属していて、医局の人事に従ってキャリアを形成してきました。
    ですが、近年は、医局の意向よりも、自分自身の意思でキャリアアップを図りたいと考える
    医師が増えているのです。当たり前の話ですよね。そもそも、医局という考え方が異常だった
    のでしょう。

    その証拠として、だいがく側も医局から派遣される医師だけに頼ってはいられなくなってきているのです。
    慢性的な医師不足という側面があるだけではなく、病院として健全な経営を展開し、生き残っていかない
    といけないですよね。そうなると、より広い視野で人材を求める傾向になるからです。働く側だけでは
    なく、雇う側両方にニーズがあるので、キャリアアップを目的に転職する医師が増えていると言う事が
    出来ると思います。

    ただ、「医師のキャリアアップ」っていまいちイメージわかないですか??よくあるのは、専門医、認定
    医などの学会資格を手にする事です。そのためには、認定病院に転職する必要があります。学科資格を
    取得すると、スキルが証明できるという事になり、キャリアアップは確実に出来る事になります。給与
    にも資格手当てがプラスされます。一般的な職業にありがちな、「より大きな病院への転職」ももち
    ろんキャリアアップと言えると思います。
    ディップはたらこねっと