• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 医者のパートナーになります
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    医者のパートナーになります

    ■近年、注目されています■
    医療業界の転職先として注目を浴びているのが、MRの仕事です。MRとは、ドクターのパートナーとして、
    ドクターが医薬品を安全かつ効果的に使って治療ができるように、様々な情報を提供します。その結果と
    して、信頼関係を作り上げていき、自社の医薬品を信頼して積極的に使ってもらうわけですね。仕事の
    内容としては、営業的な側面がありつつも、医療に対する深い知識が必要となります。

    実は、MRには認定資格があります。なぜかというと、MRにはドクターの薬物治療パートナーとして適切な
    情報提供を行えるだけの医薬品の専門知識が必要だからです。1997年から、厚生労働省認可の公益法人で
    ある医薬情報担当者教育センターが毎年認定試験を実施しています。その試験に合格して300時間の基礎
    教育、150時間の事務教育を受けて、さらに、6ヶ月の実務を経験した人に対して、認定証を発行してい
    るのだそうです。これまでの平均合格率は80%程度だそうです。こうしてみてみると、かなりハードルが
    高いように感じる試験なんですが、合格率はかなり高いように感じます。

    また、MRには、
    ・診療所や開業医と呼ばれる小規模な医療機関を担当するMR
    ・大規模な医療機関を担当するMR
    に分かれるのだそうですね。その中で、よりドクターのパートナーとして取り組む事が出来るのは
    小規模の病院ですね。大規模の病院になると、納品を受ける部署がきちんとあるため、ドクターとあう
    機会はないみたいです。より、MRとしての実感を感じる事が出来るのは、小規模の病院かもしれない
    ですよね。

    ディップはたらこねっと