• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 開業医という選択
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    開業医という選択

    ■たくさん増えてはいますが■
    ここ数年、毎年数千件ペースで診療所が増加していると言われています。昔は、開業すれば誰でも成功
    するなんて時代もあったそうなんですが、今はそんな時代ではありません。新しく開業する診療所などが
    増えている中で、失敗してしまう診療所もあるんです。

    そもそも、開業する動機としては、「自分の理想の診療をしたい」、「病院の人間関係辟易した」など
    の理由があるのだと思います。ですが、開業医=経営者という事ですので、これまでとは違った苦労が
    出てくるという事なんです。診療だけをやっていた勤務医とは違うのは当たり前です。

    実際、開業医になるにあたっての不安として、良くあがるのが
    ①患者が来てくれるのか
    ②担保がないけど、お金を融資してくれるか
    ③スタッフと自分がうまく関係性をもって仕事ができるか
    というのがあげられます。このうち、自分の腕次第でどうとでもなるのが①ですね。ですが、あまりに
    立地が悪い。近所に同業者がいる(しかも地域に根付いている)なんて事になると、そもそも通院しようと
    する選択肢にはいりませんので注意が必要です。

    開業して成功するためには、当たり前ですが、病院としての「売り」が必要なわけです。それは、医師と
    しての腕だけではない可能性があります。例えば、整形外科を開業するとします。その看護師の全員が、
    ケアワーカの資格を持っているとしたらどうでしょう??年配の方は安心できませんか??また、地元の
    接骨院と連携を密に摂るなどの対応も必要でしょう。そういう付加価値をつける事で、患者がたくさん
    来てくれるわけですね。
    ディップはたらこねっと