• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 金融機関の交渉術について
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    金融機関の交渉術について

    ■ある程度は必要です■
    開業するときには、どうしてもお金を借りる事が必要になってきます。ですが、「担保」を持っている
    人はそうはいませんよね??ということは、無店舗で相当のお金を借りないといけないのです。そこで、
    大事になってくるのが、金融機関との交渉術なんです。

    実際、新規開業資金を無担保で金融機関から調達するには、それなりの準備と交渉術が必要となります
    のでね。金融機関は経営者である開業者の人格、医療経営に対する姿勢、診療圏の分析、事業計画などを
    評価して、事業の将来性が有望で返済能力に問題がないと確信を持ててはじめて融資をしてくれますので。
    無謀な計画には、お金を貸さないわけですね。

    なので、最も大事になってくるのは「事業計画」です。基本的に、お金を貸すことに積極的ではない銀行
    の関係者を納得させるためのシュミレーションを行っておかないといけませんよね。実はそのためには、
    かなり綿密に下調べをしておかないといけないのですよね。特に、開業地の選定理由は、審査の大変重要
    なポイントとなってくるので、あらかじめしっかり明文化しておくことが大切のようです。

    また事業計画も、かなり余裕を持った計画である事が大事です。その上で、強い開業への熱意と差別化を
    意識した診療方針等を見せ付ける事で、「成功できるだろう」と銀行の審査関係者に思わせる事がとても
    大事です。ただ、それを提案してくれるような税理士さんなどもいるので、全てを自分で行う必要はない
    かもしれません。
    ディップはたらこねっと