• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 医療系の特徴です
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について

    医療系の特徴です

    若い人orお金がある人であれば、ありうる話ですが、今の仕事をやめて、薬剤師になりたいなんて
    事もありえます。薬剤師になりたいときは、薬科系の大学に進学する必要がありますけど、その他の
    医療系の大学と同じように、入学するのも、入学してからもかなり大変です。その辺は、覚悟して
    おく必要がありますね。

    入試ですが、英数は、基本を押さえておけば大丈夫です。ですが、理科系の科目にがその大学特有の
    ひねった問題が出る傾向が強いので、対策を練っておきましょう。まずは基本ですね。基本を知って
    おけば引っ掛け問題にも対応できます。ですが、国公立と一部の薬科大はかなり突っ込んだ難問が出題
    される傾向がありますので。化学が得意でないと難しいかもです。

    大学のランク。国公立だの一部の有名私立だのと拘る理由ですが、やはり。難関校しか研究開発に採って
    くれないからです。一応、最難関の大学にいっておけば、薬学のどんな分野でも就職する事が可能になって
    くるわけですね。当然、入学してからも勉強ばかりです。ですが、他の医学部と比較するとかなり楽みたいですね。追試も何度ももあるのだそうです。

    また国家試験ですが、学部で習う事のごく一部で、決まりきっているのだそうです。国家試験には、大学
    入試の「赤本」みたいな「青本」、「黒本」があって、それをみっちりやる。で、模試で経験を積んでおけば
    以外と大丈夫なんだそうです。量的に医学部の国家試験の3分の1くらいといいます。試験としての難易度は
    宅建の試験程度なんていう人もいますしね。むしろ、大事になってくるのが大学受験でどの大学に受かるか
    なんです。いかにも、日本人的な仕組みですよね。
    ディップはたらこねっと