• TOP
  • 医療関連の転職について
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    医療関連の転職について
    ■実は、それ程でもないんです■
    MRの人の給与体系については、異業種の営業職と比べて特別変わった点はないというのが特徴です。
    外資系の製薬会社であれば年俸制もありますけど、日本が資本の製薬会社は月給制ですね。また、
    めてほとんどの製薬会社に残業手当見合いとして営業手当があります。そのほかに、福利厚生が
    きっちりしている会社もたくさんあります。仕事が忙しい事もあって、福利厚生がしっかりして
    いることは、仕事に集中できるためには、必須の条件になっているのかもしれませんね。

    また、MRの特徴は営業日当と住宅補助があることですね。営業日当とは、1日に一定時間の外勤
    営業活動を行った場合に支払われる手当てで、1日あたり3,000円前後が支給されるのだそうですね。
    営業手当があるにも関わらず、営業日当があると。ここがかなり特徴的です。また、住宅補助に
    ついては、他の業種と比較しても住宅補助の手厚さが特徴的です。多くの製薬会社は、借り上げ社宅
    制度をとっています。MRが住む賃貸住宅を社宅扱いとしていて、一定金額を自己負担、残りを会社
    負担するという感じになっています。それも会社負担の比率が、70%~90%みたいな感じです、これは、
    製薬業界事態が、高収益産業である事も影響があると思います。

    年収水準は、異業種としては高いかなという程度です。ただ、これには余りに手厚い手当があるからだと
    思います。ちなみに未経験者は400万円台がスタートです。年齢に関係なくですので、ある程度の年齢から
    転職すると、年収が下がる可能性があります。その後、MR認定資格をとると2年後くらいに、一気に数10万円
    程度ベースが上がると聞いています。つまり、入社してからが勝負というある意味シビアな世界であると
    いうわけなんです。これは、他の業種と同じですよね。

     

    ■若い人には、関係ないかもですが■
    看護師の転職先として、珍しい科を紹介しておきましょう。泌尿器科です。泌尿器科とは、若い人が
    あまりかかる事のないと思います。若い看護師さんの中で、自分が泌尿器科にお世話になったことが
    あるという人は、それほど多くはないと思います。

    泌尿器科に掛かった事がないという事は、そこでどんな業務が行われているかわからないという事に
    なりますよね。ですが、分かっている事として、泌尿器科に掛かる人はあるていど年配になった人が
    圧倒的という事ですね。また、意外と科としては、最新の医療施設や医療技術などがあるんですよ。と
    いうわけで、技術的な面では満足できる部分が多いと思いますけどね。技術的なことでも満足できて、
    年配の人特有の、コミニュケーションも重視されるような気がしますので、かなり面白い職場のよう
    な気がします。逆に言えば、なぜここまでそれほど注目されないのかが不思議なんですよね。働いて
    いる人にとっては、かなり面白いと思うのですけどね。

    年配の人がかかる事が多いという事は、泌尿器科って今後発展しうる科目という事にならないでしょう
    かね。今後数10年かけて、どんどん患者が増えていくという事になると思います。また、泌尿器科という
    特性上、あまり大きな病院の受付などで症状などを言いたくないなんて事もありまよね。というわけで、
    クリニックなどにも、発展性があるというのが泌尿器科の特徴かもしれないですね。

     

    ■なかなか廃止できません■
    今後、医療業界でも注目をあびるであろうと想像できるのが介護業界です。お年寄りが増えるわけで
    当たり前のことですよね。

    その介護の仕事への入門的な資格が、ホームヘルパー2級です。厚生労働省指定の養成機関で130時間の
    講習を修了すれば取得できる公的資格になります。講座のなかに、50時間の現場実習が義務づけられ
    てはいますけど、資格の取得にいたってはペーパー試験はありません。講座受講の年令制限もないので
    とてもとりやすい資格といえますね。

    厚生労働省の計画だと、2006年度中にも介護福祉士に一本化する方向を打ち出したが、現在もそれは
    実現できていないようですね。それは、需要に対し供給が全く追いついていない状況であること。
    以前として、介護の現場では2級以上のホームヘルパーの需要が依然として高いからだとも言われて
    いますよ。国の方針であるというのに、それが実行できないほどの資格なんですよね。それだけ、
    介護の現場向きの資格であるといえます。じゃないと、すでに廃止されているはずなんです。

    ホームヘルパー2級を取得すると、訪問介護事業所、特別養護老人ホーム、老人保健施設、民間の有料
    老人ホーム、デイサービスセンターなど実に様々な場所に就職する事が出来ます。年収はそれほど高く
    はないですけど、需要は間違いなくありますので。今後の成長も期待できますし。取得に難しさが
    ない資格でありながら、自分の助けになってくれると思います。

     

    ■利息率が違います■
    開業資金については、多かれ少なかれ自分で用意しきれない部分があると思います。そこは、融資
    してもらうことになるのですが、ポイントになってくるのが利息ですよね。誰しも、少しでも安い
    利息でお金を借りたいと思うものです。。そこで、おすすめなのができるだけ多くの公的な金融
    機関や自治体の制度融資を利用することです。

    そこで、おすすめなのが「福祉医療機構」です。融資の内容としては、建築資金、機械購入資金、
    長期運転資金の3種類があって、建築資金にいたっては、7億2千万円、土地取得基金として3億円以内
    という莫大な金銭を借りる事ができます。また、看護師宿舎をあわせて建築する場合は、さらに
    6000万円も借りる事が出来るんです。また、大震災以降注目されているであろう耐震化整備事業に
    ついても、建築費の概ね95% を融資してくれるみたいですね。開業してから耐震補強を施したい
    時でも、かなり活用できるという事になります。

    設定している融資額からしてもわかるように、病院を開業しようと思うと相当の金額がかかるという
    事がわかりますよね。これだけの金額を一般の銀行から融資してもらおうと思うと、相当の苦労が
    いりますからね。融資してもらえるまでにかなり時間がかかってしまいますから。このような国など
    の支援機構をうまく利用する事がコツになってくると思います。ただ、これは土地まで購入する事を
    想定しているかもです。実際は、「機器購入」に一番のお金を費やす事になるのかもしれませんね。

     

    ■キャリアアップしたいのです■
    医者が転職したいと思う理由の一つが「キャリアアップ」があります。これは、お金の話だけ
    ではありません。そこには、日本の医療界の伝統が崩れてきている背景があります。今現在も、
    多くの医者は大学の医局に所属していて、医局の人事に従ってキャリアを形成してきました。
    ですが、近年は、医局の意向よりも、自分自身の意思でキャリアアップを図りたいと考える
    医師が増えているのです。当たり前の話ですよね。そもそも、医局という考え方が異常だった
    のでしょう。

    その証拠として、だいがく側も医局から派遣される医師だけに頼ってはいられなくなってきているのです。
    慢性的な医師不足という側面があるだけではなく、病院として健全な経営を展開し、生き残っていかない
    といけないですよね。そうなると、より広い視野で人材を求める傾向になるからです。働く側だけでは
    なく、雇う側両方にニーズがあるので、キャリアアップを目的に転職する医師が増えていると言う事が
    出来ると思います。

    ただ、「医師のキャリアアップ」っていまいちイメージわかないですか??よくあるのは、専門医、認定
    医などの学会資格を手にする事です。そのためには、認定病院に転職する必要があります。学科資格を
    取得すると、スキルが証明できるという事になり、キャリアアップは確実に出来る事になります。給与
    にも資格手当てがプラスされます。一般的な職業にありがちな、「より大きな病院への転職」ももち
    ろんキャリアアップと言えると思います。

     

    ■未経験でも、十分可能です■
    一般の人がイメージしているMR像は、新薬メーカMRだと思うのですが、実は、それ以外にもあるのです。

    例えば、ジェネリックメーカーです。まだ、メーカそのものがそれほど多くないですし、どうしても経費を
    使うのを嫌うメーカが多く、給与水準や福利厚生面は新薬メーカーMRほど恵まれていません。患者にとって
    の経済的なメリットを提供する事が目的ですからね。これはしょうがないことです。ですが、ジェネリック
    MRは応募者は決して多くはないため、合格率は高いといえます。ですが、MR認定資格取得の教育も積極的
    には受けられない場合も多く、活動そのものも、新薬メーカのMRとは違っていますので、MRとして経験を
    積んでも新薬メーカーへの転職可能性は極めて低いといえます。ですが、成長性としては、おおいに魅力が
    あります。というのも、国がジェネリック薬品を推進しているからです。MRとしての専門性というよりかは、
    ビジネスとしてのジェネリックメーカーに魅力を感じる方は、迷わずに応募するのがいいと思います。
    その時は、応募するジェネリックメーカの将来性を感じるようにしましょうね。せっかく就職しても、
    どこかに合併されてしまうようでは意味がありません。企業の見極め方は、企業規模が大きくてコスト
    競争力があり、品質面での評価が高い企業がお勧めです

    今後、少しでも医療費を抑えたい人にとってジェネリック薬品はかなり魅力的ですからね。そうなると、
    未来ある業界である事はいうまでもないですから。今は条件が悪くても、成長性に期待するのもいいです
    よね。若い人はなおさらかもしれませんね。

     

    ■MR経験者であれば誰でも知っています■
    コントラクトMRってご存知でしょうか??コントラクトMRの特徴を正しく理解すれば、希望に沿った転職
    を実現するための選択肢を広げることができます。日本でも増えてきていますけど、まだまだMR全体の
    3.3%にしか過ぎない少数派ですけどね。非常に簡単にいえば、コントラクトMRとは、「派遣型MR」という
    事です。各人は、CSOと呼ばれるMR派遣およびMR業務受託企業に所属し、いろいろなMR会社に派遣されて
    いくわけですね。これは、MRの世界だけではなく、いろいろな業界で存在するビジネスモデルといえます。
    所謂、アウトソーシングという業務形態という事です。

    形態としては「派遣型」と「請負型」があるのですが、いずれも製薬会社のMR業務の一部を担当し、
    製薬会社からフィーを得るというビジネスになります。この会社に所属していれば、一つの会社に
    とどまるという事はないので、かなり自由な働き方をする事ができます。また、基本的に転勤はない
    ですよね。ということは、お子さんがいる女性でも働く事が出来るわけですね。MRという職業が斜陽
    な職業ではない以上、これからもコントラクトMRを選択する人は増えるでしょう。自由度が違います。
    また、自身のキャリアプランを描きやすいというメリットもありますので。

    自身の腕に絶対の自信がある人は、なおさら、コントラクトMRに成ることをお勧めします。仕事内容、
    給与とも満足できる条件を提示されると思いますよ。

     

    ■どの業種も同じです■
    世間的に恵まれているイメージのある医者ですが、転職する人もいます。医師が転職を決意する背景には、
    どんな理由があると思いますか??実は、転職理由の第1位に挙げられるのは「年収アップの希望」なんです。
    また、医局に所属していると数年ごとに転勤することが多いですので、継続的な昇給が望めないことも
    影響しているのかもしれません。また、自分自身のスキルや経験を、もっと評価してほしいと考える
    医師が多いのかもしれませんね。この辺は、他の業種と大差ないのですね。

    次は、「時間的な余裕」ですね。個人的には、これが一番大きな理由だと思っていました。特に勤務医
    って激務である事が知られていますので。日本では、慢性的な医師不足なんですよね。その為、過酷な
    労働条件のもとで無理を重ねている医師も多くいるのです。救命救急なんて、3日くらい家に帰ることの
    出来ないなんてこともあるみたいですね。逆に医者の方が倒れてしまう事がありますので。結果として、
    夜勤がないクリニック的な場所だったり思い切って開業してしまうなんて事もあるのだと思います。これは
    ある程度のキャリアを積んでいないと出来ないことですけどね。

    ちなみに、医者として転勤を希望するのは若い世代の医者である事が多いみたいですねぇ。当直などの
    肉体的な負担が多い、結婚などをしていないので、思い切った行動をとりやすいという年代なのかも
    しれません。また、求人も若い世代の方が多いですしね。

     

    ■近年、注目されています■
    医療業界の転職先として注目を浴びているのが、MRの仕事です。MRとは、ドクターのパートナーとして、
    ドクターが医薬品を安全かつ効果的に使って治療ができるように、様々な情報を提供します。その結果と
    して、信頼関係を作り上げていき、自社の医薬品を信頼して積極的に使ってもらうわけですね。仕事の
    内容としては、営業的な側面がありつつも、医療に対する深い知識が必要となります。

    実は、MRには認定資格があります。なぜかというと、MRにはドクターの薬物治療パートナーとして適切な
    情報提供を行えるだけの医薬品の専門知識が必要だからです。1997年から、厚生労働省認可の公益法人で
    ある医薬情報担当者教育センターが毎年認定試験を実施しています。その試験に合格して300時間の基礎
    教育、150時間の事務教育を受けて、さらに、6ヶ月の実務を経験した人に対して、認定証を発行してい
    るのだそうです。これまでの平均合格率は80%程度だそうです。こうしてみてみると、かなりハードルが
    高いように感じる試験なんですが、合格率はかなり高いように感じます。

    また、MRには、
    ・診療所や開業医と呼ばれる小規模な医療機関を担当するMR
    ・大規模な医療機関を担当するMR
    に分かれるのだそうですね。その中で、よりドクターのパートナーとして取り組む事が出来るのは
    小規模の病院ですね。大規模の病院になると、納品を受ける部署がきちんとあるため、ドクターとあう
    機会はないみたいです。より、MRとしての実感を感じる事が出来るのは、小規模の病院かもしれない
    ですよね。

     

    ■介護報酬から出ています■
    近年、不景気となっている日本社会の中で新たな就職先として福祉業界がに関心が集まってきており、
    それが原因で、改めて他業界との給与水準が比較されるようになってきています。実は、収入財源の
    多くを介護保険から支払われる介護報酬に頼っているため、売上の上限がおのずと決まっています。
    別の言い方をすると、給与は、国が決定する介護報酬額に左右されるわけです。

    では、介護職員の平均年収ですが、どれくらいかご存知ですか??なんとなくですが、あまり高くないよう
    なイメージがありますよね。実際、その通りなんです。男性の経験者の場合でも、330万円程度しか
    ありません。仕事内容のハードさを考えると、あまりに少ない気がします。未経験者の平均となると
    さらに低くて、210万円程度なんです。これを12で割ると17万円程度になります。この金額で、家族を
    養うなんて事は厳しいですけどね。また、女子職員の場合は男性職員と比べて労働者数の母数は多いです。
    年齢幅が広い上に、出産や家庭の事情などによる離職率が高いため平均年収が上がりにくいことがあります。

    ちなみに、介護職の人の年間休日数は104日です。これは週休2日は確保されていることを示していまして、
    これは他の業種と比較しても平均以上です。事業所によっては110日に近い休日数のところもありますの
    で、意外と休みは多い印象ですね。あくまでも個人的な意見ですが、まだ若くて、実家で暮らしていたり、
    夫婦共働きの場合は、問題なく暮らしていける金額です。今後は、介護を利用する人も増えてくると思う
    ので、介護保険から支払われる介護報酬は増える可能性もあるので。今後は、年収も増えていく可能性も
    ありますけどね。

     

    ■身近な事が多いのです■
    昔のように、開業したからといって必ず成功するわけではありません。患者の病院に対する意識が
    向上して、近くにあるからという理由だけでは訪れなくなっています。自力で歩けないような老人
    でもないかぎり、より質のいい医療を展開する病院を訪れます。

    そこで、開業に失敗した人にアンケートをとって、「どこで失敗したのか」と聞いてみたそうなんです。
    すると、面白い結果が出てきたんです。

    トップの要員は、「スタッフの採用」でした。つまり、優秀なスタッフを確保できなかったという事が
    開業に失敗した要因だと言っているわけですね。医者個人の力ではどうにもできない。医療は、チーム
    ワークである事の証明です。

    続いて、「設備」の問題が出てきます。これは、病院の建物事態の事もあります。中には、立地条件
    などもあるのでしょう。老人をメインターゲットにしたいのに、坂の上に病院があればそれだけで
    outですね。メディカルクリニックなのに雑居ビルにあるなども該当すると思います。それと、医療機器
    の問題です。これは、歯医者さんさどが該当しやすいかと。今時、レーザー治療もないのかとか。患者の
    痛みをやわらげる様な仕組みがないのかという感じです。

    以外に思うかもしれませんが、「資金がうまく調達できなかった」というのはそれほど順位が高くなか
    ったのですよね。恐らくですが、ある程度、資金のめどが立っている人が開業しているからなのかも
    しれませんね。

     

    ■裏もあるというわけです■
    「開業する」このイメージといえば、歯科医院がありませんか??確かに、現在でも歯科医院の開業ラッシュ
    みたいです。ですが、その一方で、廃業と休止が相次いでいるのだそうです。毎年、年間2000件程度が開業
    しているという歯医者なんですが、一方で廃業も2000件を超えています。平成20年には、開設の2,218件に
    対し、廃業は2,237件に達し、ついに歯科医院は減少に転じたそうなんです。

    なぜかというと、増えすぎたみたいです。例えば東京都では、人口10万人当たりの歯科医師数が82人と
    飛びぬけて多いみたいで、飽和状態なんですよね。1日に1件、歯科医院がつぶれているという状況なんだ
    そうですよ。

    そういうわけで、転職先としての「歯科医院開業」は、よほど綿密な事業計画の下で行わないと諸刃の
    剣となる可能性があります。もともと、夜勤もない、命に関わるような緊急の事例がほぼないという
    のが歯科ですよね。現在、勤務医として勤務できているのであれば、しばらくは我慢したほうがいいの
    かもしれないです。それくらい、歯科医院の未来は暗いような気がします。

    望みとしては、インターネットでしょうか。自分の腕に自信があるのであれば、開業した後にインター
    ネットなどのランキングサイトに取り上げられると一気に患者が増える可能性があります。ただ、悪評も
    一気に広がるのがインターネットですので、気をつけてください。自分の腕に絶対の自信がある場合のみ
    にしてください。

     

    ■かなりの確率です■
    医者として、自分が思い描く医療を実現したいという感じで開業医になる選択をしている人がほとんだ
    と思いますけど、それでも開業医も大変なんです。決して経営は楽ではないところが多いようで、集客に
    必死なんだそうです。その為、以外に労働状況も過酷なんです。

    一週間の平均実労働に関しては43.7時間です。実労働時間という事で、実際、病院につめている時間は
    さらに多いと思います。約65%が40時間を超えており、60時間以上働いている人も8%以上いるのだそう
    ですね。現場の要望としては、経営に対する不安だけではなく、患者負担軽減などの医療制度の改善を
    要求する声が圧倒的多数なんだそうです。つまり、医療費が高いから、患者が病院を訪れる事がないと
    いう事ですね。病院に入るお金は変化がなくてもいいので、患者が払う金を少しでも軽減してくれと
    いう事なのでしょうね。

    開業医が大変という事を裏付けるデータとして、精神状態があります。ややうつ状態が25%、かなり
    うつ状態が2%なのだそうです。結果として27%の医師が「うつ状態」にあることが分かっています。この
    数字は異常ですね。これであれば、勤務医で体力の限界まで働いていている方がいいなんて人もいるかも
    しれません。命に関わりにくい科の人はなおさらかもしれませんね。整形外科なんてでは、本当に後悔
    している人がいるかもしれませんね。勤務医であればどんなに体力をすり減らしても、経営のことは考え
    なくてもいいわけですからね。

     

    ■たくさん増えてはいますが■
    ここ数年、毎年数千件ペースで診療所が増加していると言われています。昔は、開業すれば誰でも成功
    するなんて時代もあったそうなんですが、今はそんな時代ではありません。新しく開業する診療所などが
    増えている中で、失敗してしまう診療所もあるんです。

    そもそも、開業する動機としては、「自分の理想の診療をしたい」、「病院の人間関係辟易した」など
    の理由があるのだと思います。ですが、開業医=経営者という事ですので、これまでとは違った苦労が
    出てくるという事なんです。診療だけをやっていた勤務医とは違うのは当たり前です。

    実際、開業医になるにあたっての不安として、良くあがるのが
    ①患者が来てくれるのか
    ②担保がないけど、お金を融資してくれるか
    ③スタッフと自分がうまく関係性をもって仕事ができるか
    というのがあげられます。このうち、自分の腕次第でどうとでもなるのが①ですね。ですが、あまりに
    立地が悪い。近所に同業者がいる(しかも地域に根付いている)なんて事になると、そもそも通院しようと
    する選択肢にはいりませんので注意が必要です。

    開業して成功するためには、当たり前ですが、病院としての「売り」が必要なわけです。それは、医師と
    しての腕だけではない可能性があります。例えば、整形外科を開業するとします。その看護師の全員が、
    ケアワーカの資格を持っているとしたらどうでしょう??年配の方は安心できませんか??また、地元の
    接骨院と連携を密に摂るなどの対応も必要でしょう。そういう付加価値をつける事で、患者がたくさん
    来てくれるわけですね。

     

    ■自信がもてる場所のみにしましょう■
    開業して成功する為の大きなポイントとして、開業地をどこにするのかというのは、必須です。これは
    医療に関係なく全ての業種に言えることなんですがね。当然、十分に検討する必要があります。では、
    どういった土地に開業するのがいいのか、そのポイントを紹介します。

    一番は、「分かりやすい場所」であるという事ですね。そういってしまうと、どうしても「駅前」に
    開業したくなりますよね。ですが、それはだれしもが考える事であって、駅前には競合医療機関が
    多い事を覚悟しておいてください。中には、駅前に総合病院がある場合もありますので。そうなると、
    かなり不利な戦いを強いられる事になります。また、商業施設近辺も同じ事がいえます。医療の科目に
    よっては、商業施設内にクリニックがある場合もありますので。これも、かなり強力なライバルになると
    思います。

    住宅地の場合は、診察圏を考えた立地を考えてください。一般的に診察圏は半径500メートルになり
    ますのでね。駅やバス停に向かう人の流れにあう立地であるかがポイントになってくると。また、
    昼間人口が1診療所当たり5,000人を確保できること。競合医療機関も少ないことが不可欠となって
    くるようです。これは、接骨院などでは必須の健康事項でしょう。個人的には、住宅地にどれだけ
    老人、子供がいるかも大事です。やはり接骨院を訪れるのは老人と子供が多いかなと思うからです。

    立地については、あくまでも自分で足を運んで検討するようにしましょう。出来れば平日の1日を
    使用して、候補地の周辺を探索してみてください。どれくらい人の行き来があるかとかいろいろ
    分かると思いますよ。

     

    ■珍しいかもです■
    日本の医療業界はとても狭いですし、閉鎖的です。そもそも、「医局」なんて制度は海外にはないと
    聞きます。ですが、数少ない、その手の類の影響を受けない職種、勤務先があります。それが、薬剤師
    として、「学術」の世界で働く事です。

    この世界ですが、海外からの必要な文献を翻訳して、企業が利用しやすいようにするというものです。
    というわけで、最も大事なものは「翻訳能力」です。ドイツ語なり、英語なりをきちんと正確に、誰
    でも分かりやすいように翻訳しなければいけませんから。その点において、「コネ」なんてあっちゃ
    いけません。一流国公立大学の医学部を出ていようが、医者として誰でも知っているレベルの英語が
    出来ますでは使えないのです。なんといっても、英語が話せる事。逆に言うと、それしか求められ
    ないのでシビアではあります。ネイティブくらいの翻訳能力は至極当然なんてレベルだと思います。

    ですが、この世界で使用される専門的な英語ですが、使われる単語が決まっているのだそうです。
    それだけではなく、薬剤名や化学反応名については、約す事はないようなので、業務に慣れてくると、かなり
    翻訳が進んでいくのだそうですね。中には、通常業務の片手間に勉強して、読みこなしている人もいるそう
    ですよ。また、最近は、インターネットの普及で、ほとんど家のパソコンで作業する場合もあるのだそう
    ですね。凄いです。医療業界の仕事が「自宅で出来る」なんてね。医療業界特有のストレスからも開放され
    るという事です。

     

    ■事故は怖いですから■
    看護師さんにとって、あってはならないのが医療事故ですよね。仮に大きなミスを犯してしまうと、
    死につながる場合もあります。そうなると、裁判なんかもありえます。そうはいっても、看護師だって
    人間です。毎日毎日仕事を続けていて、ミスをしたことがないという人などいないはずなんです。
    むしろ、問題なのはミスを起こすことを前提として、いかにチェック機能を働かせているかなんです。

    ある調査によると、新人看護師が関わった医療事故が最近では増えているという結果も出ています。
    ですが、よくよく考えてみると、新人なんてミスしません??するものです。これは、日常の業務の中で
    新人看護師の教育が、なかなか行きとどかないということも理由の一つ。それに、新人であるというのに
    あまりに任しすぎという事があります。もともと、医療事故の2割は新人が犯しているなんてデータもある
    そうで、相対的に多いみたいです。ですが、裏を返すと、8割はある程度経験を積んでいる人が犯している
    わけですね。そうなると、一定の年齢に応じて研修を行うなんて制度も今後は必要になってくるのかもしれ
    ません。

    これは、転職した場合も同じですね。いくら看護師としてのキャリアを積んでいても、新しい職場になれる、
    やり方を理解する時間って必要ですよね。仮に、転職を考えている人は、いかに「研修制度」を充実させて
    いるかも大事ですよ。仮に、OJTだった場合は注意が必要ですね。あまり熱心に取り組んでくれない可能性が
    高いです。

     

    ■誰だって、転職したくなります■
    よく病院系のテレビドラマなどを見ていると、院長クラスになるとまるで政治家のような扱いです。
    勤務医もそこまでハードではないように描かれています。ですが、これ間違いです。日本における勤務医は
    全ての職業の中でもハードなほうです。特に忙しい科であればなおさらです。

    まぁそれも、ピンきりです。最も忙しいのは、所謂「研修医」ですね。彼らは、朝から晩まで仕事を
    しているのに、基本、無給です。それでは生活できないじゃないかとなりますけど、他の病院の夜勤
    などでバイトをしているわけですね。仮に、夜勤中大きな怪我をしている人が来なかったら、かなり割り
    のいい仕事ですけどね。病院によっては一日で5万円なんて事もあります。いざ、医者になった場合
    ですが、私立病院などでは、基本は、朝8時前に家を出て、夜も8時頃の帰宅になるのではないですかね??
    こうしてみるとそれ程疲れないように思うのですが、患者が急変したり、緊急の患者が来た場合は呼び出
    しを食らいますしね。また、開業医には基本的にはない当直がありますので。そうなると、一晩中緊張
    した感じで過ごす事になりますからね。

    そんな生活が10年も続くと、医者としてのキャリアも積んできていますし、転職したいなぁと思って
    もしょうがないですよね。それでいて、開業医の方が給料が高いのではやってられないですよね。。。
    ただ、勤務医の方がお金は溜まりますよ。間違いなく。暇がありませんので。だからこそ、開業しよう
    と思うのかもしれないですが。

     

    ■ある程度は必要です■
    開業するときには、どうしてもお金を借りる事が必要になってきます。ですが、「担保」を持っている
    人はそうはいませんよね??ということは、無店舗で相当のお金を借りないといけないのです。そこで、
    大事になってくるのが、金融機関との交渉術なんです。

    実際、新規開業資金を無担保で金融機関から調達するには、それなりの準備と交渉術が必要となります
    のでね。金融機関は経営者である開業者の人格、医療経営に対する姿勢、診療圏の分析、事業計画などを
    評価して、事業の将来性が有望で返済能力に問題がないと確信を持ててはじめて融資をしてくれますので。
    無謀な計画には、お金を貸さないわけですね。

    なので、最も大事になってくるのは「事業計画」です。基本的に、お金を貸すことに積極的ではない銀行
    の関係者を納得させるためのシュミレーションを行っておかないといけませんよね。実はそのためには、
    かなり綿密に下調べをしておかないといけないのですよね。特に、開業地の選定理由は、審査の大変重要
    なポイントとなってくるので、あらかじめしっかり明文化しておくことが大切のようです。

    また事業計画も、かなり余裕を持った計画である事が大事です。その上で、強い開業への熱意と差別化を
    意識した診療方針等を見せ付ける事で、「成功できるだろう」と銀行の審査関係者に思わせる事がとても
    大事です。ただ、それを提案してくれるような税理士さんなどもいるので、全てを自分で行う必要はない
    かもしれません。

     

    若い人orお金がある人であれば、ありうる話ですが、今の仕事をやめて、薬剤師になりたいなんて
    事もありえます。薬剤師になりたいときは、薬科系の大学に進学する必要がありますけど、その他の
    医療系の大学と同じように、入学するのも、入学してからもかなり大変です。その辺は、覚悟して
    おく必要がありますね。

    入試ですが、英数は、基本を押さえておけば大丈夫です。ですが、理科系の科目にがその大学特有の
    ひねった問題が出る傾向が強いので、対策を練っておきましょう。まずは基本ですね。基本を知って
    おけば引っ掛け問題にも対応できます。ですが、国公立と一部の薬科大はかなり突っ込んだ難問が出題
    される傾向がありますので。化学が得意でないと難しいかもです。

    大学のランク。国公立だの一部の有名私立だのと拘る理由ですが、やはり。難関校しか研究開発に採って
    くれないからです。一応、最難関の大学にいっておけば、薬学のどんな分野でも就職する事が可能になって
    くるわけですね。当然、入学してからも勉強ばかりです。ですが、他の医学部と比較するとかなり楽みたいですね。追試も何度ももあるのだそうです。

    また国家試験ですが、学部で習う事のごく一部で、決まりきっているのだそうです。国家試験には、大学
    入試の「赤本」みたいな「青本」、「黒本」があって、それをみっちりやる。で、模試で経験を積んでおけば
    以外と大丈夫なんだそうです。量的に医学部の国家試験の3分の1くらいといいます。試験としての難易度は
    宅建の試験程度なんていう人もいますしね。むしろ、大事になってくるのが大学受験でどの大学に受かるか
    なんです。いかにも、日本人的な仕組みですよね。

     

    若い人orお金がある人であれば、ありうる話ですが、今の仕事をやめて、薬剤師になりたいなんて
    事もありえます。薬剤師になりたいときは、薬科系の大学に進学する必要がありますけど、その他の
    医療系の大学と同じように、入学するのも、入学してからもかなり大変です。その辺は、覚悟して
    おく必要がありますね。

    入試ですが、英数は、基本を押さえておけば大丈夫です。ですが、理科系の科目にがその大学特有の
    ひねった問題が出る傾向が強いので、対策を練っておきましょう。まずは基本ですね。基本を知って
    おけば引っ掛け問題にも対応できます。ですが、国公立と一部の薬科大はかなり突っ込んだ難問が出題
    される傾向がありますので。化学が得意でないと難しいかもです。

    大学のランク。国公立だの一部の有名私立だのと拘る理由ですが、やはり。難関校しか研究開発に採って
    くれないからです。一応、最難関の大学にいっておけば、薬学のどんな分野でも就職する事が可能になって
    くるわけですね。当然、入学してからも勉強ばかりです。ですが、他の医学部と比較するとかなり楽みたいですね。追試も何度ももあるのだそうです。

    また国家試験ですが、学部で習う事のごく一部で、決まりきっているのだそうです。国家試験には、大学
    入試の「赤本」みたいな「青本」、「黒本」があって、それをみっちりやる。で、模試で経験を積んでおけば
    以外と大丈夫なんだそうです。量的に医学部の国家試験の3分の1くらいといいます。試験としての難易度は
    宅建の試験程度なんていう人もいますしね。むしろ、大事になってくるのが大学受験でどの大学に受かるか
    なんです。いかにも、日本人的な仕組みですよね。

     

    ■かなり重要なポイントです■
    開業する人にとって、絶対必要になる事が、資金の調達です。自分で、数億円の貯蓄があるなんて
    人はその必要がないですが、そんな人はそれほどいるわけではありません。開業するとして、成功が確信
    出来るイメージを持つためには、まず、どれくらいの設備投資が必要なのかをきちんと確定されるところ
    から始めます。

    設備投資をどれくらい大きさは、資金繰り計画、診療科目、開業物件の諸要件、担保に提供できる
    不動産等の金額、資金調達先の金融機関の姿勢、自己資金の額などによって大きく変わります。まぁ
    当たり前の話ですね。例えば、美容整形外科のクリニックを立ち上げようとしても、銀座と郊外では
    不動産価値が全然が違いますからね。

    ちなみに、無一文で開業する人なんていないと思います。かといって、全額用意できる人もいないはず
    です。事故資金は大体20%以上を目指すという指針が一応あるみたいですね。また、今持っている自己資金の
    全てを開業資金に回すのは危険なんです。いざ、開業してみたときにしかわからないようなリスクなども
    あります。例えば、開業直後に患者が訪れないという事態が発生したときに、自己資金を運転資金に回す
    という事もできますので。

    どんなに優秀な医者でも、お金がないと開業は出来ないので、いかにお金の話をうまくするかも大事に
    なってくると思いますね。それがずぼらな人は、間違いなく開業してもうまくいきません。むしろ、
    腕が確かなのであれば、勤務医に向いているといえます。

     

    ■今後は改善される可能性もあります■
    MRの世界が注目されるにしたがって、女性MRの数は年々増えてきていますがそれでも2009年現在で、
    全体の11%ほどなのだそうです。2000年代になってからは、新卒採用では女性MRの比率が高まってきて
    いるそうで、2005年からはほぼ半々くらいの採用数みたいなのだそうですよ。それでも、ここまでの差が
    付いているのは、おそらく、結婚や出産などを機にMRを辞めてしまう女性が多いからだと考えられます。

    また、「女性が働きやすい会社」を求める事が多いみたいです。ということは、基本的にMRの会社と
    いうのは、女性が働きずらい会社であるのかもしれませんね。実は、MRは転勤が多く、朝早くから遅い時刻
    まで勤務する場合も多い仕事なんです。転勤が多いという事は男性にとってはそれほど障害にはならない
    のですが、女性の場合は、子育ての面などもあってかなり高いハードルになります。帰宅が遅い事もそう
    です。お子さんを抱えた人が毎日夜遅くまで仕事をするというのも常識的ではない可能性があります。

    また、女性は結婚したら辞めるべきという雰囲気の会社や、女性MRは勤務年数が短いはずなので重要な
    担当先は任せられないといった偏見を持つ管理職が多い会社もまだかなり見られるようです。その点も、
    女性が長い間働くことが出来ない理由かと思います。

    ですが、今後は、そんなことはないと思います。女性でも結婚しない人も増えてきていますし。男性が
    家事を行うことに対する理解もありますので。また、会社としても、企業内託児所を置くなどの処置を
    行うべきです。そうすれば、女性が長く働ける素地を作る事が出来ます。

     

    ■育児のために転職する人もいます■
    多くは女性医師なんですが、育児を理由に転職を希望するケースもあります。正直にいって、医師の仕事
    はめちゃくちゃ激務です。家事や育児と両立させていくのは物理的に考えてかなり大変な事なんです。
    その為、出産をきっかけに、育児のために転職する女性医師はたくさんいます。例えば、常勤から非常勤
    勤務の職場へ。または、残業が多い職場から決まった時間に仕事を終わらせやすい職場へと転職するわけ
    なんですよね。あるいは、院内に託児施設が整えられている職場に転職する場合もあります。

    また多くの女性は、一定の期間育児をした後では復職のために転職する女性医師も多いです。その中で
    心配になってくるのは、何年間もブランクがあるとどうしても不安になってしまうわけです。基本的に
    人材不足が続いている医療業界では、優秀な多くの女性医師を、育児で失わないために、医学界全体で
    様々な試みが始められているのだそうです。

    例えば、病院の組織や、職員の育児、介護に対する支援制度、職場環境などを第三者が総合的に判断する
    仕組みです。こうして「働きやすい職場」であると認証された病院には、よりスキルの高いスタッフが
    集まりやすくなるのだそうですよ。優れたスタッフがそろえば病院の経営も安定しますからね。

    病院としては、働きやすい職場作りに取り組むことで、結果的に病院の利益も上げられるのです。
    転職を希望する女性医師にとっては、この評価の結果を参考にできますからね。

     

    ■最近増えてきています■
    ここ数年、特に郊外やベイエリアに巨大な商業施設がたくさん出来ていますよね。そこで、よく見か
    ける光景なのが、商業施設内にクリニックがあるというパターンです。開業するにあたり、今後、さらに
    有力な開業先になると思います。スーパーなどの商業施設内に医療スペースを造り、集客力をアップ
    しようと企画する商業施設も増えていますしね。

    医療スペースを設けて、複数の診療科目を構えるというスタンスを取っているケースが多いので、顧客
    にとっても有益なスペースなんです。買い物をしながら診療を受ける事が出来るわけですので。そういう
    事情もあって、継続的に通いやすい歯科なども多いですよね。商業施設内の駐車場が広いとかなり診療圏
    も広がって、集客力の高い開業地として評価できると思います。また、駅前立地と決定的に違うところは
    将来競合する同業者が入ってこないことですね。集客力が高い商業施設であれば、収益力も高く、安定した
    経営を展開することができる可能性があります。

    ですが、問題となってくるのが「テナント料」でしょうかね。正直に言うと、都心に近い商業施設
    だからといって、訪れる人が多いというわけでないのですからね。実際、日本で一番訪れる人が多い
    商業施設は、埼玉の郊外にあるはずです。仮に、そこにクリニックを開業できたらかなり安定した経営が
    出来ると思います。なにせ、郊外です。テナント料は安いはずですので。それでいて、人がたくさんくる
    わけですからね。

     

    ■それほど激務ではないのですよ■
    小児科が所謂「不人気」であるといわれて久しいですよね。でも、なぜ小児科が不人気なのでしょうか??
    世間の一般的には、激務である事が主な理由となっていますよね。確かにそれもあると思うのですが、
    それだけではないと思います。

    だって、小児科だけが激務であるわけではないからね。内科、外科や脳神経外科など、もっと激務と
    言われる科はいくらでもあるはずなんです。最近は、少子化が叫ばれているはずですので、患者数
    も少ないはずなんです。そういう観点からいうと、受け持ち患者が少なく、小児科はむしろ楽な方に
    入るかもしれないのですよね。

    特に、若い人の小児科離れが進んでいます。それには、別の理由があると思います。というのは、
    「専門技術のなさ」ですね。研修生でいる2年間は、何かの専門医になることに強い憧れを持って
    しまうものです。小児科って、特に専門技術のない小児科がないのですよね。その為、診療自体を
    つまらないと感じてしまう人が多いというわけなんです。

    他の科を研修している同期は、各種の手術をはじめカテーテルや内視鏡など、どんどん専門技術を身に
    つけていくわけですよね。それに引き換え、小児科にいると、ほとんど専門技術を習得することができ
    ないわけなんです。小児科にいて、専門的な技術が要求されるのは、日本で10箇所くらいしかありま
    せんから。そこに就職できればいいですが。。そうじゃない限りは、わりと退屈な診療が多いという
    事になるんです。

     

    ■技術じゃないからです■
    個人的な見解ですが、小児科って「開業しやすい」科なんですよね。これは、小児科という科目の
    プラス面、マイナス面両方が影響していると思います。

    実は、内科、外科などの患者が多そうな主要な科目で開業しようと思うと、どうしても今行えている
    医療のレベルからダウンさせた状態で始めないといけないのですよね。そりゃそうです。大きな病院
    であればあるほど、ものすごい設備である事が多いですからね。その設備をそのままそっくり開業医
    レベルで実現できる事はまずありませんよね。お金がどれくらいあっても足りませんし、そこまで
    借りると返す事が出来なくなってしまいますから。実は、それを理由にして開業する事をためらう人も
    いるくらいなんですよ。

    それに対して、小児科は最初から専門技術が必要ないですからね。正直にいって診療レベルは勤務医
    の時と、さほど変わらないわけです。つまり、開業するにあたって技術的に捨てるものが何もないわけ
    ですよね。捨てるのは、今働いている病院で培ってきた地位くらいですよね。そんなものは、開業すると
    決めた時点で、捨てる覚悟が出来ているはずですので。開業に対するジレンマというのが全くないはず
    なんです。

    小児科に勤務していて、開業しようとする人は間違いなく子供が好きなはずですのでね。開業する事に
    抵抗はないはずですね。おそらく興味があるのは、専門医療技術ではなく、日常の小児医療そのもので
    あるはずですから。

     

    ■本当に狭き門です■
    一般的に、MRといえば新薬開発メーカMRのことを指すと思います。その名の通り、主に、新薬を開発、
    製造、販売している製薬会社の事をさします。働いている人のほとんどが、正社員で給与水準、福利
    更生面でも恵まれているといえます。「医療系の求人は、恵まれている」というイメージそのものかも
    しれませんね。

    ですが、その分、仕事内容はとてもハイレベルである事を理解しておいてください。そもそも、ドクタ
    ーの薬物治療パートナーとして、医薬品に関する高い専門性が求められます。通常は入社後に、MRの認定
    試験を受けないといけません。入社してから業務を覚えつつ、認定試験の勉強をするのはとても大変
    ですが、裏を返せば、MRとしての経験がなくても、営業の経験があれば、求人に応募することは可能
    なわけですね。

    新薬メーカーMRは、処遇面から見ても専門性の高さから見ても、最も魅力が高いといえますね。ですが、
    未経験者の合格率は本当に低いといえます。もともと未経験者を対象にしたキャリア採用の機会はとて
    も少ないですし、一方で応募者はたいへん多いため、合格率はかなり低くなっています。その合格率は
    1~2%という場合もあります。ここまで低いと受かることはあまり想定できませんよね。どうしても、
    新薬メーカのMRになりたい人は、新薬メーカーとコントラクトMRを併願するなんて事もありうると思い
    ます。それくらい、狭き門なんですね。

     

    ■患者だけではありません■
    精神的な病は現代社会の深刻な問題ですよね。ですが、これは患者さんだけの問題ではないのですよね。
    忙しく厳しい医療現場のスタッフも心理的ケアはとても大切だとされています。実は、医療業界で働い
    ている人の間でも、心理的な問題を抱えている人がとても多いといわれているんです。

    当然、その辺のことは分かっていて、看護大学でも対策を練っているのだと思いますが、それでもあまり
    に過酷な労働によって、心を痛めてしまう可能性があるんです。それを苦にして、職場を変更する人が
    続出しているわけです。つまり、看護婦さんの精神的ケアが絶対的に必要になってきます。

    ですが、看護婦さんの精神的なケアを重視している病院は少ないと思います。どうしても日々の業務を
    中心に考えてしがいがちで、メンタル面のケアについてはついつい後回しにされがちなのだそうです。また、
    医療関係者については、自分で何とかするべきなのだという風潮があるみたいなんです。医療関係者が
    風邪になったからといって、病院のスタッフが内科で順番待ちをしていたら、誰だって、この病院は
    大丈夫かとなりますからね。

    今後は、医療技術だけでなく看護婦のメンタル面を重視してる病院を選択して転職するべきですね。
    たとえば、定期的に面談をしてくれる。看護婦専用のメンタルヘルスケア室があるなどです。そういう
    環境が整っている病院に転職する事が大事なんですよね。これは転職する時に分かると思いますので、
    きちんと調査するようにしましょう。

     

    ■今後、期待できますよね■
    ここ数年、男性の看護師がとても増えてきていると言われています。そして、これからも増えていくと
    思います。非常に簡単にいうと、男性の看護師という職業には、多くの将来性があるという事が言えると思います。

    男性の看護師が出てきた当初は、女性ばかりの職場に、新たに男性が入ってきたということもあり、どう
    接したらいいのか分からないなんて事が多かったみたいなんですが、最近では、そういうことを感じる人
    も少なくなっているはずです。また、雇用する側にとっても、妊娠、出産がない男性というのは、比較的、
    安定して仕事ができるというメリットがあると思います。この事が、男性看護師の需要を広げている理由
    だと思いますね。また、男性の場合は女性より一つの病院で働こうという意識が強いと思いますよ。結婚
    などすればなおさらです。

    また、病院に勤めていると、以外に腕力が必要である事が多いです。介護の世界、重い精神科などでは、
    腕力がいるため、男性の看護師を好むという傾向があるみたいなんです。介護の分野、精神科の分野は、
    今後まちがいなく、発展していく分野ですからね。

    問題は、ほとんどの病院が看護師長を女性が勤めている事が多い事です。その為、病院で勤めてから
    数年は、上司は女性ということになると思いますけど、数年もすれば状況は変わってくる可能性があり
    ます。そうなると、ますます男性看護師というのは広がっていく可能性がありますね。男性看護師の
    未来はとても明るいのではないですかね。

     

    ■慢性的な人材不足です■
    良く、医者の人材不足が深刻だといいますよね。ですが、これって、地方に行けばいくほど、より鮮明
    になるんです。裏をかえすと、首都圏ではそれほど深刻な医師不足って起きていないかもしれません。
    では、なぜ地方で医師不足が起きているのかですね。それは制度の問題なんです。

    昔は、これは研修医をこれまでまんべんなく地方の病院にも分散して振り分けるという制度を利用して
    いました。ですが、それをあえて変更して、研修医が自由に病院を選択できる制度に変更したんです。
    これは、愚策だったかもしれないですね。そんな事をしたらどうしたって、若者は首都圏に残ります
    からね。当たり前の話です。若者の場合は、「仕事をしないときの街としての魅力」も込みで首都圏で
    仕事をしているはずですので。

    ですが、これは若者なりの計算も含んでいる可能性があります。若いうちは、より最新の医療現場で
    経験を積んでおきたい、その後、ふるさとの病院に転職するなんて事を思い描いている人も多くいると
    思います。ですが、勤務医の業務の過酷さは首都圏、地方ともそれほど変化はないと思いますので、
    その点は注意するようにしてください。

    今後は、地方の医療をどうレベルアップさせるかも重要です。その点では、若者もそうですが、それを
    指導できるような経験豊富な医師をどう地方に転職させるかも重要です。それが出来れば、若者の地方
    離れも徐々に回避できる可能性があります。遊べない不自由さを補うだけの何かがあれば、若者は自然と
    集まってきます。

     

    ■病院を代わらなくてもいいです■
    医療の世界の転職という事で、最近注目を浴びているのが「転化」です。そのなの通り、担当する科目
    を変えるという行為です。結構数多くあるんです。

    転科の場合は、病院を変えなくてもOKです。ですが、基本的に研修生時代に専攻する科目を決めています
    からね。長年のキャリアを捨てる事になるという事は注意して下さい。個人的にですが、人気のない科目
    行くなんて事もありえますよね。例えば、自分の時間が欲しいなんて理由で転職するのもいいですが、
    それの方がリスクが高いという可能性もあります。よくよく考えてみると、一般の会社でもそれまでの
    営業職から総務課への異動なんて当たり前の処置といえますもんね。

    ですが、よりスムーズなのは転職を伴う転科になるのかもしれませんね。転職理由としても体裁は
    ととのいます。自分が今している仕事とは違った仕事がしたいというのはありうる話ですからね。
    ですが、ぽいんとがあります。転科を伴う転職の場合は、普通の転職よりも十分な準備が必要になると
    思います。特に、動機の面では注意が必要ですよ。ましてや、今働いている科よりも忙しくないと思わ
    れている場合は、「楽をしたいのではないか」なんて思われかねませんしね。また、年配の人も注意が
    必要です。年齢は高いけれど新人であるという転職者を歓迎してくれる職場でないといけないわけです。
    そうでないと、転職先での充実した勤務は難しいでしょう。

     

    ■麻酔科医が不人気です■
    麻酔科医とは、麻酔を専門にしている医師のことです。素人の人にはあまり認識がないと思いますが、
    麻酔を行うために必要な資格って、日本では特別に規定されていないのです。国家試験に合格した医師、
    歯科医であれば、誰でも使用する事が出来るわけです。そうはいっても、麻酔には専門的な知識と技術
    が必要ですけどね。

    麻酔科医には、豊富な経験が必要です。どんな手術にも麻酔科の医師が必要ですので、その重要性は
    計り知れないのですが、それでも麻酔科医は不人気の科の一つになっています。そもそも、「麻酔科」
    という診療科名を掲げる為には、麻酔科での臨床経験を2年以上積んで麻酔科標榜医という資格を
    取得しなければなりません。現在、麻酔の専門医は7000人です。日本国内で行われている手術の数を
    考えると著しく少ないですよね。。

    なぜ麻酔科が人気がないかというと、手術の長期化と数の増加です。麻酔科医の仕事として手術室の
    運営に関与して、無理のない手術計画を立てることも麻酔科医の重要な役割だからです。つまり、手術の
    始まりから終わりまでずっといないといけないわけですよね。長時間の手術ともなると、かなりハード
    になるわけです。それでいて、余りに日陰の存在なわけですよね。手術の手柄は、実際の医者に集中
    するわけで。やってられないと考える人がとても多いという事なんでしょう。麻酔科医が少ないとい
    う事は、それだけ売り手市場という事になるわけですからね。

     

    ■勇気がある人は転職可能です■
    今回の原発事故で、解除された『緊急時避難準備区域』の地域で医療スタッフが不足しているという
    事らしいです。そこで、医療従事者確保支援センターという施設を設けて、医師、看護婦の確保を国が
    支援していくという段取りになっていくそうです。
    続きを読む

     

    ■転職が多いとつい、なおざりにしがちですが■
    看護師というのは、転職する人が多い職業であるといえます。それだけ過酷な勤務が続くという事の
    証といえるのですが、当然、それ以外の理由もあります。欧米の看護師ではごく当たり前のことなの
    ですが、「キャリアアップ」という理由です。
    続きを読む

     

    ■少々面倒くさいですが■
    正直面倒くさいですが、看護師の女性の場合は、髪型にまで気をつける必要があります。これは、
    仕方ないことですよね。どうしたって、看護師には清潔感が必要になりますから。看護師に転職
    使用としている人は、そこにも気をつけて下さい。

    一昔でいうと、、看護師の制服には、ナースキャップというものがあって、ヘアスタイルもナース
    キャップをかぶるということが決められていた程です。今は、そこまでは徹底していませんが、そうは
    いっても清潔感のあるヘアスタイルが大事になっています。まぁたしかにしょうがないですよね。ロング
    ヘアーをなびかせながら看護師の激務をこなすというのは、現実的に無理でしょうからね。

    続きを読む

     

    ■高い壁が立ちはだかっています■
    ペットというのが、まるで家族のように扱われるようになって久しいですが、そういうわけで、獣医さんが
    かなり注目されるような存在になっています。それと同時に、動物看護師も注目される存在になってきて
    いるんです。
    続きを読む

     

    ■圧倒的に少なくなってきました■
    病院にいて、薬剤師さんと会ったことあります??正直、あまり見かけないですよね。その理由として、
    基本調剤室にこもっているからです。また、たまに入院患者さんなんかに説明しにいくにしても、看護師
    さんと制服がそっくりなケースが多いので、分からないのでしょう。

    それにもう一つ。病院が薬剤師を雇わなくなったという事もあります。これが仮に、技師さんだとしま
    す。検査に応じて、レントゲン系、心電図を扱う人、超音波器を扱う人と、それぞれ専門分野に分かれて
    いますよね。つまり、医療技術の進歩に応じて、順繰りに人が増えていくはずなんです。
    続きを読む

     

    ■自力だけでは厳しいです■
    仮に薬剤師への転職、または薬剤師から薬剤師への転職を本気で検討されているという人についてです
    けど、そんな人に必ず考えて欲しいのが、転職サイトに登録するという事です。

    全ての転職コンサルタントを知っているわけではないですけど、必ず利用した方がいいです。まず、情報
    の量が違いますので。また、インターネットなどでは分からない非公開求人なども豊富に取り揃えている
    のが、転職サイトなんです。
    続きを読む

     

    ■魅力はNo1かもしれません■
    薬剤師として働く、その中で最も魅力にあふれている可能性があるのが企業で薬剤師として働く
    事ではないですかね。特に、研究開発ですね。
    続きを読む

     

    ■働く病院によって、違います■
    看護師という職業は、基本的に24時間休みがありません。それも当然です。というのも、患者さんの命を
    預かっているわけですので、空白の時間を作る事が不可能です。その為、看護師という仕事には、夜勤が
    あるものなんだなんて思っている人もいます。ですが、これはおおいに間違いです。たとえば、入院病棟
    のないクリニックや、老人施設のデイケアセンター、治験コーディネーターなどとして働く場合には、
    最初から日勤しかありません。
    続きを読む

     

    ■不満の素です■
    看護師としている人で、仮に不満を抱えている人がいるとすると、やはり夜勤ではないですかね。というの
    も、昼夜逆転しているわけで、他の人とのスケジュールが全く合わないなんて事もあります。世間的には、
    いろいろと問題がある夜勤なんですが、病院という観点から見てみると、絶対に必要なことなんです。
    特に、入院患者を受け入れている病院に関しては、夜勤は必須なんです。必須な位ですので、体調には
    気をつけるようにしてくださいね。人間の体というのは、夜に寝ないといけないように出来ているわけで、
    その時間に、働いているわけですからね。
    続きを読む

     

    ■医師の逆なんです■
    医師の転職先として、最近注目を浴びているのが薬剤師なんです。現在では、医師は完全に不足して
    いますが、その反面薬剤師は毎年増えています。救命救急の医師、小児科の医師などはあまりに少なくて、
    致命傷を負っているというのにです。

    続きを読む

     

    ■現行制度ではしょうがないかも■
    医者といっても、いろいろな科目がありますよね。数ある科の中で、産婦人科は不人気なんです。
    もっと具体的にいうと、若者に不人気なんですよね。
    続きを読む

     

    Page top

    ディップはたらこねっと