• TOP
  • 保育園看護師について
  • 子供の健康を守る仕事です。
  • 保育園看護師について

    子供の健康を守る仕事です。

    保育園看護師の仕事の中心となるのは、子供たちの健康を守ること

    たくさん遊んで、ケガをして元気いっぱいの子供たち。

    保育園での看護師としての仕事の中心は、看護師の知識、経験を活かし、バイタルチェック(血圧・体温測定)などを中心に、虫刺され、転んだときの絆創膏、マキロンなどの措置を行うことになります。

    薬、注射などは基本的には使用はしないということです。

    病気予防も大切な仕事。

    どうしても風邪、インフルエンザは広がりやすいものですが、そうした病気が発生しないよう、もし発生したとしても最小限に食い止めるように保護者へ情報を伝えたりすることはとても大切です。

    もちろん、園だけではなくご家庭でも子供たちの健康のために出来ることはたくさんありますし、親御さんもそういった情報は知りたいもの。
    健康指導、保護者に対しての健康アドバイスなども重要な仕事となります。

    とはいえ、保育園に看護師が設置されはじめてそれほど日が経っているわけではありませんから、仕事内容を任されている、自分で作り出している方が多いことも事実です。

    ノウハウがほとんど無い園が多いということになります。

    ですから、保育園看護師として仕事を自分で創り出していける方が活躍しやすいといえます。

    ディップはたらこねっと