• TOP
  • 保育園看護師について
  • 保育園看護師について
    最近の看護師の仕事というのは、実に様々な分野に広がっています。一般の人のイメージというと、
    ついつい、病院やクリニックに勤務するものと思い込んでいる人もいるかもしれません。しかし、現在の
    看護師の仕事というのは、病院やクリニックだけではないのです。もっと他に、いろいろあるのです。

    その一つが、保育園ですね。保育園というと一般的には、保育士の免許を持った人が働くところと思われ
    ていますけど、最近では、保育園で看護師を必要としているところもあるのです。以外ですけどね。確かに
    親御さんとしては、看護師がいたほうが安心できますもんね。

    その為、現在、病院、クリニックに勤めている看護婦で、転職を考えている人については、転職を考えて
    いるという人は、保育園での仕事も転職先の一つに考えてみるといいと思います。保育園という場所で
    働くという事は、とても魅力にあふれていると思いますよ。

    保育園で働く事の魅力としては、なんといっても子供と一緒に働くという事ではないでしょうか。子供
    というのは、日々体調が変わりますし、重篤な症状ではなかったとしても、結構ハードな日々かもしれ
    ませんよね。また、保育園の種類によっては、24時間営業する保育園なんかもありますので。そういう
    場合では、かなり厳しい可能性があります。ですが、子供相手ですからね。これまで病院で勤務していて、
    ストレスを感じている要員がいくつかなくなっていくと思います。

     

    保育園看護師の仕事の中心となるのは、子供たちの健康を守ること

    たくさん遊んで、ケガをして元気いっぱいの子供たち。

    保育園での看護師としての仕事の中心は、看護師の知識、経験を活かし、バイタルチェック(血圧・体温測定)などを中心に、虫刺され、転んだときの絆創膏、マキロンなどの措置を行うことになります。

    薬、注射などは基本的には使用はしないということです。

    病気予防も大切な仕事。

    どうしても風邪、インフルエンザは広がりやすいものですが、そうした病気が発生しないよう、もし発生したとしても最小限に食い止めるように保護者へ情報を伝えたりすることはとても大切です。

    もちろん、園だけではなくご家庭でも子供たちの健康のために出来ることはたくさんありますし、親御さんもそういった情報は知りたいもの。
    健康指導、保護者に対しての健康アドバイスなども重要な仕事となります。

    とはいえ、保育園に看護師が設置されはじめてそれほど日が経っているわけではありませんから、仕事内容を任されている、自分で作り出している方が多いことも事実です。

    ノウハウがほとんど無い園が多いということになります。

    ですから、保育園看護師として仕事を自分で創り出していける方が活躍しやすいといえます。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと