• TOP
  • 企業看護師について
  • 企業看護師のメリット
  • 企業看護師について

    企業看護師のメリット

    企業看護師の最大のメリットは通常の看護師に比べて労働時間や休日がしっかりしているという点でしょう。企業看護師は企業内で一般社員と同じように働いて いるので、休日は企業カレンダーに基づいていることが多いのです。病院勤務の看護師のように夜勤や長時間の残業が少ないので、プライベートを充実させるこ とができます。

    看護師という有望な国家資格を持っている一般社員なので、非常に良い待遇で迎えられます。企業看護師は休日はちゃんと取ることができ、残業も少なく定時にしっかり帰れるなど、病院勤務の看護師とは正反対の待遇です。

    給料面も病院勤務の看護師は昇給などでもあまり伸びませんが、企業看護師は毎年きっちりと昇給が行われます。企業看護師の年収は大体が400万~600万程度になっています。病院勤務の看護師と比べても、格段に良いというわけではなく、若干高いという程度のものです。

    雇用形態がパートの場合は、年収は160万円程度になってしまいますし、地域によって400万円以下だったり、600万円以上だったりと大きく差も出てきます。

    企業看護師の年収は女性の年収としては非常に高い傾向にあり、仕事内容に見合わない、といった声もほとんどありません。待遇や年収などを重視する人は企業看護師への転職を希望する人が多く、人気の職業となりつつあります。

    企業看護師は看護師の専門知識や経験を生かしながら、一般企業の社員のように新たなチャレンジができるという意味で、看護師が目指す「目標」となっ ています。人と関わる仕事がしたい、人のために働きたいという人は企業看護師よりも病院看護師のほうが向いているかもしれません。

    ディップはたらこねっと