• TOP
  • 企業看護師について
  • 企業看護師の仕事と役割
  • 企業看護師について

    企業看護師の仕事と役割

    企業看護師の役割は病院勤務の看護師とは大きく異なります。治験などの補助的な業務で新薬開発に携わったり、一般企業で社員の健康管理を担ったり、医療機器の開発に携わったりと研究・開発・事務的な仕事が多くなっています。

    こういった専門性を生かした仕事にスペシャリストとして誇りを感じる人は多く、病院勤務の看護師から転職する人は珍しくありません

    企業看護師には様々なタイプがありますが、中でも人気なのがクリニカルコーディネーターです。一般の医療機器メーカーに勤務し、営業マンと一緒に病 院などに医療機器の導入を斡旋します。看護師の知識や経験をフルに生かしながら、病院勤務の看護師には無かった営業的な側面もあり、今一番注目を浴びてい ます。

    企業看護師に転職する際には、特定の資格を取得しておいた方が良い場合と、特に必要ない場合があります。それぞれのタイプによって転職活動も異なってきますので、まずは自分のやりたい仕事の企業看護師を決めましょう。

    産業看護師は学校でいうところの保健室というイメージで、企業内で従業員の健康管理や安全管理を行います。

    他には治験に関わる治験コーディネーターや治験モニターといって、治験の補助をしたり、治験が正しく行われているかをチェックする業務になります。

    ディップはたらこねっと