• TOP
  • 認定看護師について
  • 認定看護師と専門看護師の違い
  • 認定看護師について

    認定看護師と専門看護師の違い

    看護師のキャリアアップには欠かせないのが専門看護師と認定看護師の資格ですが、どちらも日本看護協会で認定される資格です。
    両者の違い は、専門看護師は、複雑かつ困難な看護問題を抱えている個人や家族、集団に水準の高い看護ケアを効率よく提供するために特定の専門看護分野の知識やスキル を高めて保険や医療、福祉の発展に貢献したり、看護学の向上をはかる仕事で、看護系大学大学院修士課程修了者であることが必要です。


    認定看護師は特定の分野で熟練した看護技術や知識を用い高いレベルでの看護実践を行い現場での看護の質の向上をはかるもので、専門学校卒業でもなることができます。
    例えば専門看護師は「がん看護」と大きなひとくくりで専門看護をするのに対して、認定看護師はがん看護の中の疼痛看護、化学療法などより特定化された分野に対しての資格になっています。

    ディップはたらこねっと