• TOP
  • 准看護士について
  • ライバルなんだそうです
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    准看護士について

    ライバルなんだそうです

    ■どうしてもとげとげしくなります■
    昔は、看護に従事している人の数は、看護師<准看護師でした。特に、個人経営などの小さい病院では、
    ほとんどが准看護師っていう病院もありました。ですけど、ちょっと大きな病院で働こうと思ったら、
    准看護師だと肩身が狭いと思います。実際、人数も減ると思います。それに、自分が希望する職場へ
    配置されない事も多いと聞きます。

    現在でも、個人の病院などでは准看護師の募集は多いです。それでも、例えば、個人の病院に新人と
    して看護師が入ってくるとしますよね。そうなるとどうなると思います。一気に、病院の雰囲気は悪く
    なるのだそうです。経験豊富なベテランであればあるほどそうなんです。というのも、何10年という
    経験を積んだ准看護師よりも、新人の看護師のほうが、条件がいいなんていう事もざらなんですよね。
    仕事内容はほとんど変わらないのに、准看護師は看護師の下で仕事をすることになる場合もあるのだ
    そうですよ。それではさすがにやってられないと思ってもしょうがないですよね。長年看護業務を
    してきたプライドもあるでしょうしね。

    そんなような状況ですから、最近では人数的にも看護師>准看護師という状況になっているのだそう
    ですよ。病院側の需要はそれほど落ちていないというのに、准看護師になる人が減ってきているという
    事なのでしょう。この流れはこれからもどんどん進んでいくと思います。つまり、世間一般の准看護師
    たちの立場は、どんどん弱いものになっていくと思います。
    ディップはたらこねっと