• TOP
  • 准看護士について
  • 気になる夜勤のシステム
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    准看護士について

    気になる夜勤のシステム

    ■2パターンがあります■
    クリニック的な病院でもない限り、病院には夜勤がつきものです。病院という場所での働き方が
    基本的に、3交替制ではありますけどね。これは、日勤、準夜勤、深夜勤の3つで分けたものです。
    それと、、2交替制は日勤・夜勤の2つの時間帯で分けたものになります。

    3交代の場合は、日勤は8:00~16:45・準夜勤は16:00~ 0:45、深夜勤は0:00~8:45となっている
    ケースが多いです。恐らくですが、希望を受け付けると、圧倒的に日勤が多いでしょうね。この
    時間帯であれば、夜、遊ぶ事も可能です。朝も、まだ一般的な範囲ですね。準夜勤についてですが、
    例えば結婚を控えていて、お金を貯めたいなんて時にはもってこいですよね。あまり遊ぶ事が
    できないですので。

    ちなみに、2交替制の場合、夜勤が12時間以上に及び、長時間の深夜勤務による疲れがどうしても懸念
    されます。また、夜勤を実施している病院の1割くらいが、夜勤=一人体制なんですって。それは危険
    ですよね。たとえば、連続して急患が送られてきた場合は??どうなるのか。働いているほうではなくて、
    サービスを受ける側も不安になってきますよね。

    ただ、2交代制の場合は、准看護師がめまぐるしく変わってしまうという事がありません。患者の立場
    からすると、安心感を得られる可能性があります。この夜勤が、2交替制か3交替制かという問題は、
    病院の規模、そこで働く看護師の数によっても左右されていくと思いますので、大変複雑な問題だと
    思います。
    ディップはたらこねっと